スポンサーリンク

「テレビ俳優」と「舞台俳優」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「テレビ俳優」と「舞台俳優」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なりたい職業として人気が高いのが、テレビ俳優と舞台俳優です。

この記事では、「テレビ俳優」「舞台俳優」の違いを分かりやすく説明していきます。

小さな差を正しく知って、未来の仕事のヒントを見つけていきましょう。

スポンサーリンク

「テレビ俳優」とは?

テレビ俳優とは、テレビのお仕事を中心に活躍している俳優さんのこと。

テレビのお仕事には、ドラマはもちろんバラエティ番組の出演もふくまれます。

また大手企業がスポンサーとして付く、テレビコマーシャルの仕事も入っています。

テレビ俳優になるためには、テレビ局のオーディションに参加して合格する必要があります。

いきなり合格するのはとても難しいので、演劇を教えてくれる専門学校や俳優養成所にはいってスキルを積みます。

その後、芸能事務所にはいって、周囲のサポートを受けながらテレビ俳優としての活躍の場を探していきます。

テレビ俳優は資格が無くてもなることはできますが、プロデューサーなど多くの人に囲まれて仕事をするので、臨機応変に対応できる力が求められます。

台本を短期間で覚えたり、ときには体を張ったバラエティに出演したり、それなりの体力と気力も必要となります。

「舞台俳優」とは?

舞台俳優とはお芝居や歌劇など、おもに舞台を中心に活躍している俳優さんのこと。

演劇の内容にあわせて舞台上で歌を歌ったりダンスしたり、手に汗にぎるような演技をおこなったりします。

舞台はドラマの撮影とちがい「失敗が許されない、一発勝負のお芝居」です。

そのため舞台俳優とよばれる人たちは、舞台がはじまる何か月も前から練習を重ねます。

舞台監督の指導のもと、毎日何時間もリハーサルをおこなうことがあります。

舞台俳優になるためには演劇の大学や専門学校で基礎を身につけ、その後劇団に所属する必要があります。

舞台俳優のいい部分は、直接お客さんの顔が見えるということです。

喜怒哀楽をそのまま観客に届けられるので、大きなやりがいを感じられます。

「テレビ俳優」と「舞台俳優」の違い

同じ俳優のジャンルに入るため、見分けに困ることもあります。

「テレビ俳優」「舞台俳優」の違いを、分かりやすく解説します。

・テレビ局かステージか

テレビ俳優の仕事場は「テレビ局の撮影室」です。

一方で舞台俳優の職場は「演劇のステージ」になります。

どこで仕事をしている時間が多いかによって、名前も変わってきます。

最近では歌舞伎の役者さんが、テレビドラマに登場することもあります。

また反対に連続ドラマの女優さんが、お芝居に挑戦することもあります。

どちらか片方でがんばる人もいれば、両立してがんばる人もいます。

まとめ

「テレビ俳優」「舞台俳優」の違いを分かりやすくお伝えしました。

テレビ俳優は主にテレビで活躍している俳優さんのこと。

舞台俳優は主に演劇のステージで活躍している俳優さんのことです。

色々な職業を知って、未来の扉をひらいていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典