「ディープフェイク」と「合成写真」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ディープフェイク」と「合成写真」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ディープフェイク」「合成写真」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ディープフェイク」とは?

「ディープフェイク」とは、「AI(人工知能)のディープラーニング(深層学習)」「偽物を意味するフェイク」を合わせてつくられた造語です。

「ディープフェイク」というのは、「AIのディープラーニングで数万枚以上の膨大な数の顔写真を学習させ、無関係な動画にその写真の顔を自然な形ではめこむことで偽動画をつくることができる技術あるいはその偽動画」を意味する用語なのです。

2020年10月、アダルト動画に人工知能に学習させた女性芸能人の顔をはめ込んだ「ディープフェイク(AI・ディープラーニング利用の偽動画)」を作成・販売したとして逮捕される事件が起こり、「ディープフェイク」の言葉が一般にも知られることになりました。

「合成写真」とは?

「合成写真(ごうせいしゃしん)」とは、「複数の写真を物理的あるいは電子的に切り貼りするなどして一枚の写真にしたもの」を意味しています。

「合成写真」はアナログカメラの時代からある技術・手法であり、「複数のネガフィルム・印画・デジカメの画像データなどを組み合わせて作成した写真」のことなのです。

また「合成写真」には、「犯罪を犯した容疑者の顔を合成したモンタージュ写真」の意味もあります。

「ディープフェイク」と「合成写真」の違い!

「ディープフェイク」「合成写真」の違いを、分かりやすく解説します。

「ディープフェイク」「合成写真」「オリジナルの動画・写真を異なるものに加工したもの」という技術的な意味では共通点がありますが、AIを活用した「ディープフェイク」「合成写真」よりも高度で精巧な偽動画をつくる技術になります。

「合成写真」とは、「複数のネガフィルム・印画・デジカメの画像データなどを組み合わせてつくった写真(複数の写真を物理的あるいは電子的に一枚の写真であるかのように合成したもの)」を意味しています。

合成写真に対して、「ディープフェイク」のほうは「AI(人工知能)のディープラーニング(深層学習)に膨大な数の顔写真を学習させて、無関係な動画にその顔・表情をはめこんだ偽動画やその技術」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「ディープフェイク」「合成写真」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ディープフェイク」とは「人工知能のディープラーニング機能を応用し、ある人物の膨大な画像データの表情を解析・合成することで巧妙な偽動画をつくる技術、つくられた偽動画」を意味していて、「合成写真」「複数の写真を切り貼りするなどして一枚の写真にしたもの」を意味している違いがあります。

「ディープフェイク」「合成写真」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典