スポンサーリンク

「デリバリー」と「テイクアウト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デリバリー」と「テイクアウト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「デリバリー」「テイクアウト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デリバリー」とは?

「デリバリー」は、英語で「delivery」と書き、意味は、「配達」です。

そして、日本語としても、この英語の意味のまま、配達という意味で「デリバリー」が用いられています。

昔ながらの言い方で言えば、出前が「デリバリー」にあたります。

しかし、出前の場合、うどん屋やそば屋などが、その店舗で使用しているどんぶりやお皿で料理を届け、そして、終わった後、それらを引き取りに行くといったパターンが多くなりますが、「デリバリー」の場合、使い捨ての容器を使用し、食べ終わった後は、利用者がそのまま処分する形をとっている場合が多くなります。

また、「デリバリー」の場合、そのお店で「デリバリー」専門のスタッフなどを雇っているほか、「デリバリー」専用業者に「デリバリー」自体を依頼する形をとっている場合もあります。

店側が「デリバリー」を行うメリットとしては、実際にお店にくることができない人にも料理を提供することができる点にあり、利用する側も自宅やオフィスなどに居ながら料理の提供を受けることができるといったものとなります。

ただし、「デリバリー」の場合、可能な範囲が決まっているため、その点がデメリットとなります。

「テイクアウト」とは?

「テイクアウト」は、英語で「takeout)」

意味は、「外に出す」です。

この意味から、日本では「テイクアウト」「お持ち帰り」といった意味で用いられています。

お客さんがお店まで足を運び、そこで料理を購入し、自宅などで食べる形が「テイクアウト」なのです。

お店側は「テイクアウト」を行うことで、イートインスペースがなくても、飲食店を運営することが可能となります。

「テイクアウト」専門にした場合、イートインスペースは必要ありません。

そのほか、配達スタッフを雇う人件費や配達料も不要です。

また、利用者は、「テイクアウト」を利用することで、自宅での面倒な調理を省き、自宅でゆっくりとプロが作った美味しい料理を食べることができるといったメリットがあります。

「デリバリー」と「テイクアウト」の違い

「デリバリー」「テイクアウト」は、全く異なったものとなります。

同じお店で、「デリバリー」「テイクアウト」を利用することになった場合、「デリバリー」は電話1本、ネット1つで自宅やオフィスなどに居ながら注文し、料理をその場に届けてもらうことができるシステムです。

一方、「テイクアウト」は、お店に出向き、そこで料理を購入し、自宅やオフィスに戻って食べるスタイルとなり、自分でお店に出向く必要があります。

まとめ

どちらも、非常に便利なシステムとなる「デリバリー」「テイクアウト」

「デリバリー」の場合、食べたいお店が範囲外になる場合もあり、その場合は、「テイクアウト」を利用することになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典