「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「デンタルフロス」「歯間ブラシ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デンタルフロス」とは?

「デンタルフロス」の意味と概要について紹介します。

「デンタルフロス」の意味

「デンタルフロス」「ナイロンやポリエチレン等の繊維組み合わせて作った糸状の道具。

歯と歯の間に入れて前後に動かし、プラークを絡め取るのに使う」
です。

「デンタルフロス」の概要

「デンタルフロス」「糸ようじ」とも呼ばれ、ナイロンやポリエチレンなどの化学繊維を組み合わせて作った、細い糸状のものを言います。

歯と歯の間に入れて、張った状態で両側から前後に動かし、歯間にある汚れを取り除きます。

歯ブラシや歯間ブラシが入らない様な狭い部分でも、キレイに掃除できるので、歯周病の予防効果があります。

糸のこぎりの様に持ち手が付いたタイプと、糸状で自分の指に巻き付けて使うタイプの2つがあります。

「歯間ブラシ」とは?

「歯間ブラシ」の意味と概要について紹介します。

「歯間ブラシ」の意味

「歯間ブラシ」「しかんぶらし」と読みます。

意味は「ワイヤーにナイロンの毛やゴム製の突起を付けた小さなブラシ状の器具、歯と歯の間のプラークを取り除くのに使う」です。

「歯間ブラシ」の概要

「歯間ブラシ」は、ナイロン製の毛や、ゴム製の細かい突起がついたブラシ状の器具で、歯と歯の間が比較的広い場合に適しています。

歯ブラシでは入らない部分まで真っ直ぐに入るので、汚れをしっかりと取り除き、虫歯や歯周病を予防します。

「デンタルフロス」よりも扱い易く、自宅で使用するのに向いています。

「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」の違い!

「デンタルフロス」「ナイロンやポリエチレン等の繊維組み合わせて作った糸状の道具」です。

「歯間ブラシ」「ワイヤーにナイロンの毛やゴム製の突起を付けたブラシ状の器具」です。

まとめ

今回は「デンタルフロス」「歯間ブラシ」の違いをお伝えしました。

「デンタルフロスは糸状」「歯間ブラシはブラシ状」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典