スポンサーリンク

「トリックオアトリート」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トリックオアトリート」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トリックオアトリート」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トリックオアトリート」とは?意味

「トリックオアトリート」は、ハロウィンの際に使用される語句で、意味はお菓子をくれないといたずらをするという意味です。

トリックが、いたずらという意味で、トリートは、おもてなしをするという意味なのですが、子供に対して大人がおもてなしをするのはおかしいという解釈で子供が喜ぶお菓子を渡すという解釈になります。

「トリックオアトリート」の概要

「トリックオアトリート」は、元々はイギリスの中世時代の文化で、中世当時は教会の讃美歌を歌うという文化で集金を行っていて大人がお金を集める手段の一つだったのです。

これは、教会関係者を装うことでお金をもらうという文化があり、そこから大人ではなく子供がお菓子を貰うための手法へと変化したのがハローウィンになります。

なお、ハローウィーンは、死者が甦ると言われていてそれをかわすために死者に仮装してかわすのですが、何故、死者が生きている人間に対して攻撃的であるのかは、死者が甦る際、悪霊も一緒に甦るが故とりあえず、死者に仮装しておけば大丈夫だとしたのです。

「トリックオアトリート」の言葉の使い方や使われ方

「トリックオアトリート」はハローウィンで子供がお菓子を貰いに行くときにしか使われることはなく、日常で使用した場合恐らくですが警察に通報される可能性があります。

特にこの文化は、イギリスの文化なので10月という季節になってないと誤解され通報対象になるのです。

「トリックオアトリート」を使った例文

・『もう、トリックオアトリートと言ってお菓子を貰いに行く年齢ではない』
この例は、お菓子かいたずらかと言ってハロウィンにお菓子を貰いに行く年齢ではないと悟っている例になります。

この行事は、あくまで低年齢の子供の行事なので大人は参加しないということです。

また、大の大人がもし、お菓子かいたずらかと言ってハロウィンの行事に参加するのは危険があるとも考えている可能性もあります。

何故なら、過去に大人がハロウィンに参加し、不審者として銃で撃たれる事件もありこの対象者はハロウィンに大人が参加することが危険であると判断した可能性も否定できないのです。

まとめ

ハロウィンの文化ですが、イギリスが発祥で実は、賛美歌を歌う代わりにお金をもらうという大人が教会の関係者を装いお金をもらうという行為から、いつの間にかハロウィンという文化が生まれ、子供にお菓子を渡すという文化が生まれました。

「トリックオアトリート」自体の意味は、いたずらかお菓子かという意味で大人に対して子供が迫りお菓子を渡さないといたずらをされるという物です。

ただ、このイベント大人は参加しないイベントであくまで主役は子供たちになり国によって大人も参加しますがイギリスでは子供が主役のイベントになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典