スポンサーリンク

「ドベンチャー企業」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドベンチャー企業」とは違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドベンチャー企業」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ドベンチャー企業」の意味

新興のベンチャー企業の中でも、知名度も実績もない小さな会社。

「ドベンチャー企業」の解説

「ドベンチャー企業」という言葉は「ド田舎・ド素人」などと同じで、「ベンチャー企業としての特徴・傾向が特に強い新興の会社」を示しています。

「ベンチャー企業」とは、「革新的なアイデアやテクノロジーを活用して、新しい商品・サービスを開発販売する新興企業」のことです。

「ドベンチャー企業」というのは、「設立して間もない新興のベンチャー企業の中でも、特別に零細で従業員も少なく実績もない会社」のことを意味している言葉なのです。

「ドベンチャー企業」「設立したばかりのまだ世に知られていない小さな会社である」と自社について謙遜している言葉で、「社員が自分一人しかいないような零細企業」のことを指している場合もあります。

「ドベンチャー企業」の使われ方

「ドベンチャー企業」は、「設立して間もない実績も知名度もまだない小さなベンチャー企業」「従業員が社長以外にほとんどいないような特別に零細なベンチャー企業」を意味して使われる言葉です。

例えば、「弊社のようなドベンチャー企業に応募してきてくれる経験者の人材はほとんどいません」「ドベンチャー企業で失うものがないからこそ、ハイリスクな新規事業にも思い切ってチャレンジすることができるのです」といった例文で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典