スポンサーリンク

「ナイス」と「グッド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ナイス」と「グッド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ナイス」「グッド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ナイス」とは?

「ナイス」の意味と使い方について紹介します。

「ナイス」の意味

「ナイス」「心地良い」「感じが良い」という意味です。

「ナイス」の使い方

「ナイス」は、英語で“nice”と書き、辞書では「良い」「素晴らしい」「美味しい」「キレイ」「快適」「素敵」などの意味があります。

基本的に「心地良い」「感じが良い」など、感覚的に「良い」という意味で使われることが多い言葉です。

何かの基準と比べるのではなく、自分がそう思ったり、皆がその様に感じている良いイメージを表します。

“He is a nice guy.”は、「彼は感じがいい奴だ」「彼はやさしくていい人だ」など、感覚的な面で良い意味で使われます。

俗語的な表現として「イケてる」と訳すこともあります。

「グッド」とは?

「グッド」の意味と使い方について紹介します。

「グッド」の意味

「グッド」「評価が良い」「善良である」という意味です。

「グッド」の使い方

「グッド」は、英語で“good”と書き、辞書では「良い」「善い」「優れた」「立派な」などの意味があります。

基本的に「客観的に見て優秀である」「評価が高い」など、質が「良い」という意味で使われることが多い言葉です。

度合いを比較する基準があり、明らかにそれ以上のレベルであることを表します。

“He is a good guy.”は、「彼は有能だ」「彼は善良だ」「彼は容姿がいい」など、人として優れているという意味で使われます。

「ナイス」と「グッド」の違い!

「ナイス」「心地良い、感じが良いなど、感覚的な面で良いこと」です。

「グッド」「評価が高い、善良など、性質的な面で良いこと」です。

まとめ

今回は「ナイス」「グッド」の違いをお伝えしました。

「ナイスは感覚的」「グッドは性質的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典