スポンサーリンク

「ニッチなジャンル」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ニッチなジャンル」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ニッチなジャンル」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ニッチなジャンル」の意味

ビジネスや趣味嗜好などで隙間的な種類。

「ニッチなジャンル」の解説

「ニッチなジャンル」は、「ビジネスや趣味嗜好などで隙間的な種類」という意味です。

他の人がまだ手を付けていない隙間的な内容のことです。

「ニッチ」には「隙間」という意味があり、ビジネス用語で「ニッチマーケット」という言葉があります。

例えば、介護が必要な人が安心して旅行ができる様に「介護ガイド」を派遣したり、スマホやパソコンの使い方が分らない時にリモートで教えてくれるサービスなどです。

料金が高くても利用したいと思うお客さんが一定数いることや、内容が細かくて大企業が参入できない分野などがあります。

上記から転じて、日常的に「あまり人がやらないこと」という意味もあります。

「ニッチなジャンル」の使われ方

「ニッチなジャンル」は、隙間的な内容のものに対して使われます。

「ビジネスでニッチなジャンルに参入する」「ニッチなジャンルのネタを募集する」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典