スポンサーリンク

「ニーズ」と「ウォンツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ニーズ」と「ウォンツ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ニーズ」「ウォンツ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ニーズ」とは?

「ニーズ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「需要」という意味で、市場において、購入したいと思う要素のことをいいます。

2つ目は「要求」という意味で、相手に対して欲して求めることを言います。

3つ目は「必要」という意味で、ある目的を達成する為になくてはならないもののことを言います。

上記に共通するのは「必要とする」という意味です。

「ニーズ」の使い方

「ニーズ」「需要」「要求」「必要」などの意味で使われます。

名詞として「ニーズがある・ない」「顧客のニーズ」などと使われます。

英語の「need」の複数形が日本語化した言葉で、名詞として「必要」「要求」「入用」「欠乏」「不足」などの意味があります。

基本的に、ビジネス用語として、社会的にどれだけ多くの人に必要とされているかを表す言葉です。

「ウォンツ」とは?

「ウォンツ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「欲求」という意味で、それが欲しいと心から思うことを言います。

2つ目は「必要」という意味で、目的を達成するのにあった方が良いと思う要素を言います。

3つ目は「欠乏」という意味で、現在不足していて是非あって欲しい、あるべきだと思うものを言います。

上記に共通するのは「欲しいと思う」という意味です。

「ウォンツ」の使い方

「ウォンツ」「欲求」「必要」「欠乏」などの意味で使われます。

名詞として「ウォンツを満たす・満たしていない」などと使われます。

英語の「want」の複数形が日本語化した言葉で、名詞として「必要品」「入用なもの」「欲望」「欲求」「欠乏」「不足」「困窮」などの意味があります。

基本的に、ビジネス用語として、ある商品やサービスに対してより満足度を上げる為に求められる要素に対して使われる言葉です。

「ニーズ」「ウォンツ」は混同されがちですが、「ウォンツ」の場合はより満足度を求めるというニュアンスがあります。

「ニーズ」と「ウォンツ」の違い

「ニーズ」「ビジネス用語で、市場でどれだけ多くの人に必要とされているか」という意味です。

「ウォンツ」「ビジネス用語で、より満足度を高める為に必要とされていること」という意味です。

「ニーズ」の例文

・『顧客のニーズにこたえる為に、新商品の開発を急ぐ』
・『まさかと思うような商品だが意外にニーズが多いものだ』
・『市場でのニーズが増えてきたので、生産量をアップさせるべきだ』
・『ブランド品は中古でも市場でのニーズが多い』

「ウォンツ」の例文

・『顧客のウォンツを調査して、商品に反映させたい』
・『若年層にどの様なウォンツがあるのかを知りたい』
・『アンケートの結果、よりウォンツの高い内容は以下の通りです』
・『顧客のウォンツにすぐに反応する企業は成長していく』

まとめ

今回は「ニーズ」「ウォンツ」について紹介しました。

「ニーズ」「需要」「ウォンツ」「満足度」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典