スポンサーリンク

「ネオ窓際族」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネオ窓際族」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネオ窓際族」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ネオ窓際族」とは?意味

「ネオ窓際族」とは、本来仕事ができない社員を窓際に追いやるという日本の文化を逆手に利用して会社にいながら副業をすることで通常の社員よりも収入を多く得るという新しい窓際族のことを指します。

「ネオ窓際族」の概要

「ネオ窓際族」という言葉は、実のところ、副業で使用する際、役に立つSEOツールなどを紹介することが目的であると言え、この言葉が登場したのもSEO対策に関する情報ブログが発祥であると言われています。

しかも、気を付けるべくは、この「ネオ窓際族」という言葉で検索されて出てきた情報を表示するサイトはウィルス検出プログラムによっては危険なサイトであるとも判断されており、実際にSEO対策を可能としているプログラム群を紹介しているかは分からないのです。

「ネオ窓際族」の言葉の使い方や使われ方

「ネオ窓際族」は会社にいながら副業をしていて、かつ通常の社員よりも収入が多い人物に対して使われる言葉です。

ただし、副業者自体が自ら自分は、「ネオ窓際族」だということはありません。

何故なら、会社によっては副業が禁止されており、それを理由に解雇の他減俸という可能性があるためです。

「ネオ窓際族」を使った例文(使用例)

・『ネオ窓際族とは、まじめに会社で働かず副業で通常の社員の収入を超えることだ』
この例は、「ネオ窓際族」という概念について説明しています。

「ネオ窓際族」は、会社で得られる収入に期待せず、副業の方向で収入を期待することにあります。

・『ネオ窓際族は企業によっては成立しない』
この例は、「ネオ窓際族」という新しい働き方は成立しないということを指しています。

その理由は、「ネオ窓際族」は副業ありきであるため、企業によっては副業を行えばペナルティを与える場合もあり、副業自体が難しい企業も存在するからです。

まとめ

「ネオ窓際族」という考え方は、会社にいながら副業を行い通常の社員よりも収入を増やそうという考え方を指します。

ですが、この考え方かなり危険な思考でまるで日本の企業は未だに終身雇用であるかのように考えており、仕事ができない人間は窓際に追いやられるが首にはならないという考えで構成されているのです。

その為、実際に「ネオ窓際族」になり副業を会社で行っていると副業を行っていることに第3者が気づいたり社員を監視するカメラなどで副業がバレるなど会社の業務以外を行っていることがバレた場合、首という候補になり得ません。

何故なら、日本の企業は未だに監視社会であり、他人と異なることをやると第3者が密告し、収入を多く貰っている物を追いやろうとします。

特に、副業を禁止している企業においては、社員を追いやるための絶好のチャンスでもあり、首という名目に最もふさわしいのが、「ネオ窓際族」になるため「ネオ窓際族」は危険思考であると言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典