スポンサーリンク

「ネット投げ銭」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネット投げ銭」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネット投げ銭」の意味を分かりやすく説明していきます。

気になるネットスラングを学びましょう。

スポンサーリンク

「ネット投げ銭」とは?意味

ネット投げ銭とは、インターネット上のチップのこと。

心づけやご祝儀の代わりに、ポンと投げ入れるお金をいいます。

よく路上パフォーマンスをおこなうアーティストに、お客さんがお金を渡すことがありますが、そのデジタル版がネット投げ銭になります。

おもにライブ配信者に対して、ネットユーザーが贈る「おひねり」です。

ネット投げ銭をおこなうと、配信側とお客さんの気持ちが近くなります。

良いものを見せてくれたお礼として、使われているのが投げ銭です。

「応援しています」というアツい気持ちを届けられます。

「ネット投げ銭」の概要

ネット投げ銭は、動画配信サービスがメジャーになってから生まれた言葉です。

ユーチューブのスーパーチャット、そして『17ライブ(イチナナライブ)』や『TikTok』の投げ銭ギフトがこれに当たります。

自分の推しをネットを通じて応援できるので、コロナ禍でとても人気が出ています。

投げ銭すると配信者の収入を、陰ながら支えられます。

そしてライブ配信そのものを盛り上げていけます。

また投げ銭することで、配信者とユーザーがコミュニケーションを取りやすくなるメリットもあります。

いい点がいっぱいの投げ銭ですが、収入以上にのめり込んでしまうリスクも。

適度な節度をまもりながら、楽しく投げ銭をしていきましょう。

「ネット投げ銭」の言葉の使い方や使われ方

ネット投げ銭はこのように使います。

・『今日はお給料日。思いきり推しに、ネット投げ銭します』
・『たくさんのネット投げ銭ありがとう。これからも宜しくです』
・『22時から配信します。ネット投げ銭おねがいします』
ネット投げ銭は、インターネット上のチップです。

そのためライブ配信する側と、応援する側がつかいます。

「ネット投げ銭」の類語や言いかえ

ネット投げ銭の関連語は、次のキーワードがあります。

・インターネットの投げ銭
・投げ銭
・VTuber
・スパチャ
ネット投げ銭は、単に「投げ銭」とも呼ばれています。

またネット投げ銭によって稼いでいる人をVTuberといいます。

人気のVTuberともなると、億単位の額を稼ぐことで知られています。

またスパチャはユーチューブの、スーパーチャットの省略形です。

こちらも国内でかなりのブームとなっています。

まとめ

ネット投げ銭の意味と使い方をおさらいしました。

ネット投げ銭とは、インターネットを介しておこなう、チップのことです。

おもに大手の配信アプリで用いられていて、閲覧しているユーザーからの「おひねり」になります。

ネット投げ銭はエンターテイメント業界が注目している手法で、その経済効果はウン億円といわれています。

好みのアーティストがいたら、ネット投げ銭を通じて、業界を盛り上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典