「ノウハウ」と「ナレッジ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノウハウ」と「ナレッジ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノウハウ」「ナレッジ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノウハウ」とは?

「ノウハウ」の意味と使い方について紹介します。

「ノウハウ」の意味

「ノウハウ」「ある専門的な技術や積み重ねのこと」「技術における有力な手段につながる情報や経験のこと」という意味です。

「ノウハウ」の使い方

「ノウハウ」は、英語の“know-how”が日本語化した言葉で、英語の意味とはニュアンスが違います。

英語では“know”(知る)」“how”(方法)」が組合わさった言葉で、「ものごとの手順や方法に関する有力な知識や経験」という意味です。

日本語では、「経験により身に付けた知恵」という意味で使われます。

特にビジネスで、ある業務において、成功や失敗などの経験を重ねながら「こうするとうまくいく」「こうしない方がいい」などと、有力なやり方を身に付けていき、他の人に情報として教えることを言うのです。

あくまでその人の知恵であり、他人に伝えて始めて「ノウハウ」になるのです。

「ナレッジ」とは?

「ナレッジ」の意味と使い方について紹介します。

「ナレッジ」の意味

「ナレッジ」「知識・情報」「組織を運営するのに有益な知識や事例、情報」という意味です。

「ナレッジ」の使い方

「ナレッジ」は、英語の“knowledge”が日本語化した言葉で、「知識」という意味で使われます。

理論や文章などから得られる情報のことで、知っていることで有利になることもあります。

「ナレッジ」はビジネスでよく使われる言葉で、企業にとっての「有益な情報」「付加価値のある経験」という意味があります。

ただうんちくを傾けるだけではなく、ビジネスで結果を出せる知識や情報を表します。

「ノウハウ」と「ナレッジ」の違い!

「ノウハウ」「経験により身に付けたものごとのやり方に関する知恵」です。

「ナレッジ」「ビジネスに有益な経験や知識」です。

まとめ

今回は「ノウハウ」「ナレッジ」の違いをお伝えしました。

「ノウハウはやり方」「ナレッジは知識」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典