スポンサーリンク

「ノスタルジーに殺される」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノスタルジーに殺される」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノスタルジーに殺される」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノスタルジーに殺される」とは?意味

「ノスタルジーに殺される」には2つの意味があり、解釈の仕方によっては全く異なる意味を持ちます。

まず一つ目の意味ですが、「ノスタルジー」を思い出や懐かしい気持ちという意味に解釈した場合、過去の思い出に殺されそうになる気持ちになることを指す意味です。

ですが、「ノスタルジー」を思い出ではなく、思想であると解釈した場合、懐古主義者の思想により現在の思想についていけず、社会に溶け込むことができないが故殺されそうになっていることを「ノスタルジーに殺される」と言うのです。

「ノスタルジーに殺される」の概要

「ノスタルジーに殺される」の思い出などに殺されそうになることは、人間は誰しもが起こり得ることで、過去の方が良かったと感じることができる人はまだ幸せであるということの表れでもあります。

逆を言えば、過去に良い思い出がない場合、「ノスタルジーに殺される」ことはなく、懐古主義者でもないため、現在をうまく生きようとしているかうまく生きていくことができる人材であることもうかがい知れます。

ですが、「ノスタルジーに殺される」とは、懐古主義の方においてはかなり死活問題で要は、自分の価値観が今現在の価値観と共有できず、社会に取り残された状況下にあるため、「ノスタルジーに殺される」という殺されるという部分はあながち間違っておらず、いずれ社会に殺されてしまう可能性があるのです。

ですので、「ノスタルジーに殺される」とは、社会的に抹殺されることを指す場合もあれば、一時の思い出に押しつぶされそうになるが立ち直れる場合の2つが存在しているのです。

「ノスタルジーに殺される」の言葉の使い方や使われ方

「ノスタルジーに殺される」という言葉の使い方は、思い出に潰されそうになった際に使用する言葉として容易るか、懐古主義者が今現在の環境に対応できずに自立した生活ができない様子について「ノスタルジーに殺される」という言葉を用いて懐古主義者の在り方を表現するために使用します。

「ノスタルジーに殺される」の類語や言いかえ

「ノスタルジーに殺される」の類語は、「思い出に殺される」「懐古主義思想に殺される」という言葉が類語や言いかえに当たります。

まとめ

「ノスタルジーに殺される」ですが、実際に殺されるケースとそうではないケースが存在しており、「ノスタルジー」を思い出とした場合、過去の思い出に潰されそうになりますが、自らの命を失うほどダメージを受けることはまれであるため、この時点では命を失うほどの危険はありません。

ですが、「ノスタルジー」を懐古主義者とした場合話は別で、文字通り「ノスタルジーに殺される」確率は高まります。

何故なら、懐古主義と言われる方々は現在の社会環境に適応できずにおり、社会的に抹殺されている状況下にあり、自ら命を絶つことも考えらえるため、まさに、「ノスタルジーに殺される」のです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典