スポンサーリンク

「ノースリーブ」と「タンクトップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノースリーブ」と「タンクトップ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノースリーブ」「タンクトップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノースリーブ」とは?

「ノースリーブ」「袖のついていない衣服の総称」です。

どの様なデザインであっても、袖が付いていない衣服は「ノースリーブ」と言います。

襟がついていても、肩の部分が細くても太くても関係ありません。

「ノースリーブ」“no”(ない)+“sleeve”(袖)」が合わさった言葉です。

和製英語ですので海外では通用せず、正しくは“sleeveless”と言います。

因みに、「タンクトップ」「ノースリーブ」に含まれます」

「タンクトップ」とは?

「タンクトップ」「襟ぐりが広く、肩の部分が狭くなっている袖のない衣服のこと」です。

男女向けに夏用の衣服、または女性用の下着として使われています。

元は競泳用水着である「タンクスーツ」に似ていることから名づけられました。

英語でも“tank-top”で通用します。

「タンクトップ」「ノースリーブ」に含まれますが、肩部分が細いデザインが多く、デコルテや肩部分の露出が大きいので、ビジネスなどきちんとした場には向いていません。

「ノースリーブ」と「タンクトップ」の違い!

「ノースリーブ」「袖のついていない衣服の総称」です。

「タンクトップ」「襟ぐりが広く、肩の部分が狭くなっている袖のない衣服のこと」です。

まとめ

今回は「ノースリーブ」「タンクトップ」の違いをお伝えしました。

「ノースリーブは袖なしの服全般」「タンクトップは型の部分が細いもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典