「ハイオク」と「レギュラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハイオク」と「レギュラー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハイオク」「レギュラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハイオク」とは?

「ハイオク」の意味と概要について紹介します。

「ハイオク」の意味

「ハイオク」とは、「ガソリンの一種でオクタン価が96以上のもの」という意味です。

「ハイオク」の概要

「ハイオク」は、スポーツカーなど、排気量が高い車に使われる高級なガソリンです。

規準として「オクタン価が96以上のガソリン」と定められています。

「オクタン価」とは、「ノッキング現象」という、エンジンの異常燃焼の発生を抑える度合いを示す数値のことを言います。

「オクタン価」が高い程、燃えにくいガソリンであることを表しているのです。

ガソリンは純粋である程発火し易く、ノッキング現象を起こす可能性が高くなります。

これを防ぐ為に、様々な成分が加えられて、異常燃焼を起こしにくくしたものを「ハイオク」と言うのです。

「レギュラー」とは?

「レギュラー」の意味と概要について紹介します。

「レギュラー」の意味

「レギュラー」は、「ガソリンの一種でオクタン価が89以上のもの」という意味です。

「レギュラー」の概要

「レギュラー」は、普通乗用車に使われるガソリンです。

規準は「オクタン価が89以上」で、「ハイオク」より低いのですが、だからと言ってノッキング現象を起こし易いという訳ではありません。

軽自動車や普通車など、排気量が高くない車ならば、「レギュラー」でも充分なのです。

「レギュラー」仕様の車に「ハイオク」を入れてしまうと、返って燃費を悪くする可能性があります。

「レギュラー」「ハイオク」よりも値段的に安くなります。

「ハイオク」と「レギュラー」の違い!

「ハイオク」「オクタン価が96以上のガソリンのこと」です。

「レギュラー」「オクタン価が89以上のガソリンのこと」です。

まとめ

今回は「ハイオク」「レギュラー」の違いをお伝えしました。

「ハイオクは高排気量の車用」「レギュラーは軽自動車・普通車用」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典