スポンサーリンク

「ハウスオピニオン」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハウスオピニオン」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハウスオピニオン」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハウスオピニオン」の意味

「ハウスオピニオン」とは、「家(住宅)の問題解決・家の市場価値・リフォーム(改装・増築)の工事価格などに対する中立的な立場からの意見・見解」のことを意味しています。

「ハウスオピニオン」の解説

「ハウスオピニオン」というのは、「家(住まい)に関する問題解決の方法・家の適正な市場価値・リフォームの工事価格などについて、中立的・専門的な立場から相談に乗って意見すること」を意味している住宅用語です。

「ハウスオピニオン」という住宅用語は、「家(住宅)に関するさまざまな悩み・問題・見積もり(金額)などの相談を受けた場合に、その相談に答える中立的・専門的な意見」を示しているのです。

また「ハウスオピニオン」という名前の「住まいの相談サイト」も開設されています。

「ハウスオピニオン」の使われ方

「ハウスオピニオン」という住宅用語は、「家(住宅)の問題解決方法・家(土地)の適正な市場価値・リフォーム(改装・増築)の工事価格などに対する中立的な立場からの意見・見解」を意味して使われます。

「ハウスオピニオン」というのは、「家・住まいに関連する悩み相談に対する、中立的な立場からの専門家の意見」を指して使われている言葉なのです。

例えば、「資産価値のある家を購入したいので、ハウスメーカーの専門家からハウスオピニオンを受けることにしました」などの文章で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典