「ハニー」と「ダーリン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ハニー」と「ダーリン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハニー」「ダーリン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ハニー」とは?

「ハニー」とは「親密さ・好意・愛情を感じている相手に呼びかける時の愛称」を意味している英語で、元々は「甘いはちみつ」の意味を持っています。

「ハニー」は英語で表記すると“honey”「最愛の人」を意味していますが、「親しみ・愛おしさを感じているすべての人」に対して男女を区別せずに使われます。

ただし日本における「ハニー」は、「恋人関係・夫婦関係において、男性が好きな女性に対して呼びかける時の愛称」として強く認知されています。

「ダーリン」とは?

「ダーリン」とは「親しみ・好ましさ・愛情を感じている相手に呼びかける時の愛称」を意味している英語で、元々は「あなた」の意味を持っています。

「ダーリン」は英語で表記すると“darling”「最愛の人」を意味していますが、「親密さ・愛情を感じているすべての人」に対して口語の呼びかけで使われます。

ただし日本における「ダーリン」は、「恋人関係・夫婦関係において、女性が好きな男性に対して呼びかける時の愛称」として強く認知されています。

「ハニー」と「ダーリン」の違い!

「ハニー」「ダーリン」の違いを、分かりやすく解説します。

「ハニー」「ダーリン」「日本では親密な関係にある恋人・配偶者に呼びかける時の愛称」として知られている言葉ですが、「ハニー」「男性が好きな女性の恋人に呼びかける時の愛称」「ダーリン」「女性が好きな男性の恋人に呼びかける時の愛称」として認知されている違いがあります。

しかし、英語では「ハニー」「ダーリン」の用法には男女の性別の違いはなく、「ハニー」と親密な男性に呼びかけても良いし、「ダーリン」と好きな女性に呼びかけても構いません。

また英語の「ハニー」「ダーリン」「男女関係(恋人・夫婦)の間の呼びかけ」に限定されるものではなく、「親しみ・愛情・好ましさを感じる人全般(ただし目上の人には使えない)」に対して使用されているのです。

まとめ

「ハニー」「ダーリン」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ハニー」とは「日本では恋人・夫婦などの親密な男女関係にある女性に対して使用される愛称、英語では男女の性別に関係なく親しく思う人全般に使える愛称」を意味していて、「ダーリン」「日本では恋人・夫婦などの親密な男女関係にある男性に対して使用される愛称、英語では男女の性別に関係なく親しく思う人全般に使える愛称」のことを意味している違いがあります。

「ハニー」「ダーリン」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典