「ハモンセラーノ」と「プロシュート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ハモンセラーノ」と「プロシュート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハモンセラーノ」「プロシュート」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ハモンセラーノ」とは?

「ハモンセラーノ」とは、「白豚の改良種を原材料とするスペイン産の生ハム」のことです。

「ハモンセラーノ」「ハモン」「熟成させたハム」「セラーノ」「山の」という意味を持っています。

「ハモンセラーノ」はスペインのアンダルシア地方などの山岳地帯の特産品であるため、「セラーノ」と呼ばれているのです。

「ハモンセラーノ」「イタリアのプロシュート・中国の金華ハム」と並ぶ「世界三大ハム」の一つで、「強い塩味・やわらかいがしっかりした食感」の特徴を持っています。

「プロシュート」とは?

「プロシュート」とは「豚のもも肉のハム全般」のことを意味する言葉ですが、「非常に乾燥した」という原義を持っています。

しかし日本では「プロシュート」というと、「黒豚を原材料とするイタリア産の生ハム」のことを意味することが多くなっています。

「プロシュート」「もも肉を塩漬けにして吊るして乾燥・熟成させる方法」でつくられ、「塩辛さの中にまろやかな甘みも感じる」という味の特徴があります。

「プロシュート」は元々は「豚のもも肉のハム全般」を意味しているので、生ハムだけを指す言葉は「プロシュート・クルード」になります。

「ハモンセラーノ」と「プロシュート」の違い!

「ハモンセラーノ」「プロシュート」の違いを、分かりやすく解説します。

「ハモンセラーノ」「プロシュート」「加熱加工していない豚肉を原材料とする生ハム」のことを意味している点では共通していますが、生産されている国が違います。

「ハモンセラーノ」というのは「白豚の改良種を原材料としたスペイン産の生ハム」ですが、「プロシュート」のほうは「日本においては、黒豚を原材料としたイタリア産の生ハム」であるという違いを指摘できます。

「ハモンセラーノ」の味の特徴は「塩分強め・柔らかい食感」「プロシュート」のほうは「塩辛さだけでなくまろやかさ・甘みもある」という違いもあります。

まとめ

「ハモンセラーノ」「プロシュート」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ハモンセラーノ」とは「主に改良された白豚の後脚からつくられるスペイン産の生ハム」を意味していて、「プロシュート」「豚のもも肉を材料にしたハム全般・日本では特にイタリア産の加熱していない生ハム」を意味している違いがあります。

「ハモンセラーノ」「プロシュート」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典