「ハラスメント」と「嫌がらせ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハラスメント」と「嫌がらせ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハラスメント」「嫌がらせ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハラスメント」とは?

「ハラスメント」とは英語で“harassment”と綴ります。

意味は「嫌がらせ」となるのですが、「ハラスメント」にはいくつか種類があります。

「セクシャルハラスメント」「パワーハラスメント」「モラルハラスメント」などがあります。

略して「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」となりますが、セクハラが性的嫌がらせ、パワハラが職場内におけるいじめ、嫌がらせ、モラハラが言葉、態度による精神的な嫌がらせのことを言います。

人が人と関わる以上「ハラスメント」はどこででも発生すると考えられますが、あってはならないことです。

「嫌がらせ」とは?

「嫌がらせ」とは、相手が嫌がることを、「わざとに」言ったり、するなどして、困らせることで、いじめと同じようなものです。

「嫌がらせ」には、言葉で言うもの、行動としてするものなどがありますが、いずれにしましても悪いことです。

あからさまにわかるようにする、わからないように陰で隠れてするなど違いもありますが「嫌がらせ」とは、陰湿で恥ずべき行為なのです。

「あいつは、俺たちにとことん、嫌がらせをするつもりだな」「あれ以来、嫌がらせの電話がかかってくる」「店に対する嫌がらせ行為がエスカレートして、彼は逮捕された」などと使います。

「ハラスメント」と「嫌がらせ」の違い!

「ハラスメント」「嫌がらせ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも意味は同じで、英語で言えば「ハラスメント」、日本語で言えば「嫌がらせ」ということになります。

内容としては、相手が嫌がることを言ったり、行動や態度で示すことで、受けた側は肉体的、精神的に苦しむことになります。

嫌がらせの種類として「〇〇ハラスメント」という言い方をします。

「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」などと、略して言いますが、この方がただの「嫌がらせ」と言うより、内容がわかりやすくなりますので、どのような「嫌がらせ」なのかと説明する時は「〇〇ハラスメント」と使うことが多いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ハラスメント」「嫌がらせ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも意味は同じですが「嫌がらせ」の種類を説明する時は「セクシャルハラスメント」といったように「ハラスメント」を使う方がよりわかりやすくなるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典