スポンサーリンク

「ハンドクラフト」と「ハンドメイド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハンドクラフト」と「ハンドメイド」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハンドクラフト」「ハンドメイド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハンドクラフト」とは?

「ハンドクラフト」とは、手作りで作成した作品を指します。

基本的に手作業で作成された工芸品を指し、ドリルやのこぎりなどの工具を使って作成された手作り作品を指します。

ただし、食べ物に対しては「ハンドクラフト」という言葉は使われません。

ドリルなどの工具を使用して作成される物のため、皮でできている製品であったり、陶芸品やなどのある程度の作成技術が必要な作品について「ハンドクラフト」と言われます。

「ハンドメイド」とは?

「ハンドメイド」とは、「ハンドクラフト」同様、手作りで作られた作品を指します。

「ハンドメイド」されるものは、基本的に簡単に作れるアクセサリーや手芸品を指し、大がかりな道具や工具を使用しなければならない作品に対しては「ハンドメイド」とは使用されません。

最近では非常に精密に作られている「ハンドメイド」の商品などが、個人で開設されている個人ショップやネットショップで販売される事もあり、手作業という理由から数が多く作れないことから、多少値段が高くなる傾向にあるものの、そのデザイン性や希少性により人気を博す商品も存在します。

「ハンドクラフト」と「ハンドメイド」の違い

「ハンドクラフト」「ハンドメイド」の大きな違いは、道具や工具を使用して作成しているかどうかという点です。

両者とも手作りである事は変わりありませんが、「ハンドメイド」された作品は基本的に全て手作業であるか簡単な道具を用いて作成された物を指します。

対して「ハンドクラフト」は、ドリルやのこぎりと言った道具や工具を使用して作成されるものを指し、手作りの皮財布であったり、手作りの棚などが「ハンドクラフト」された製品と言えるでしょう。

ただし、どちらとも手作り作品という点には変わりないため、あえて区別して呼ばれている事はあまりありません。

「ハンドクラフト」の例文

・『私がハンドクラフトした皮財布は意外に頑丈で3年も使用している』
・『友人の誕生日に、私がハンドクラフトし文字の入った陶器をプレゼントした』

「ハンドメイド」の例文

・『個人ショップで売られているハンドメイド品は、おしゃれでセンスのよい物が多い』
・『趣味が講じて、ハンドメイドのかわいい手芸品を個人ショップで販売している』

まとめ

「ハンドクラフト」「ハンドメイド」は両者とも手作り作品という点では同じです。

ただし、「ハンドクラフト」はドリルやのこぎりなどの工具を使って作成される物を指すという事、「ハンドメイド」はアクセサリーや手芸など、簡単な道具で作成できる物を指すと言う違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典