スポンサーリンク

「バイブス」と「テンション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バイブス」と「テンション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バイブス」「テンション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バイブス」とは?

「バイブス」は英語圏にヒップホップやレゲエなどのクラブで使用されていた言葉です。

「ノリ」「気合い」といった意味で使われたり、その人自身が醸し出す「雰囲気」を意味することもあります。

以前にテレビでタレントが使用していたことにより、ギャルの間で流行し、2013年に「ギャル流行語トップ10」の1位に選ばれたことがあります。

「バイブスがあがってきた(ノリが上がってきた)」「いいバイブスしてるじゃん(いいノリしてるじゃん)」といった使い方をします。

「テンション」とは?

「テンション」とは、精神的な緊張や不安のことです。

「テンションが高まる」「テンションが下がる」といった使い方をします。

この意味が誤用されて、気持ちや気分という意味で使用されていることもあります。

緊張という意味から、張りや張力という意味も持っています。

この場合は「ロープのテンション」といった使い方をします。

「バイブス」と「テンション」の違い

「バイブス」には「テンション」という意味が含まれていて、「バイブス」「テンション」は同じ意味の言葉として捉えられてしまうことがありますが、この2つの言葉には違いがあります。

「バイブス」はノリのこと、「テンション」は精神的な緊張のことです。

「バイブス」は気分が上がってきたときに主に使用されますが、「テンション」は精神的な緊張が上がってきたときにも、下がってきたときにも使用されます。

まとめ

「バイブス」「テンション」は似ているような意味を持っていますが、意味が違い使用される場面も違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典