スポンサーリンク

「バスドラム」と「スネアドラム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バスドラム」と「スネアドラム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バスドラム」「スネアドラム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バスドラム」とは?

「バスドラム」の意味と概要について紹介します。

「バスドラム」の意味

「バスドラム」とは「ドラムセットの中で一番大きく、足で操作して低い音を出すパーツのこと」です。

「バスドラム」の概要

「バスドラム」は、「バスドラ」「ベードラ」などとも呼ばれ、ドラムセットの中で一番大きなパーツで、「ドン!」と言う低い音が出ます。

フットペダルという器具を取り付けて、足で踏むとペダルに付いているビーター(叩き棒)が「バスドラ」に当たり、音が鳴る仕組みです。

「バスドラム」を演奏することを「キック」と呼び、リハーサル時にはPAのチェックとして「キック下さい」などと言われます。

また、ハードロックでは「バスドラム」を2つ使用して両足で操作する「ツインバス」、1つの「バスドラム」にビーターを2本付けて両足で操作する「ツインペダル」という奏法もあります。

「スネアドラム」とは?

「スネアドラム」の意味と概要について紹介します。

「スネアドラム」の意味

「スネアドラム」は、「ドラマーの真正面にある小太鼓のこと」です。

「スネアドラム」の概要

「スネアドラム」は、ドラマーの真正面にあり、リズムをキープする役割の小太鼓のことを言います。

高く通る音で、曲のリズムを維持する「バックビート」と呼ばれる、「2泊目、4泊目」を叩くことが多くなります。

「スネア」とは、ドラムの底面に取り付けられた金属の細いバネのことを言い、ここの張り具合を調節することで叩く音の高さを変えられます。

曲調次第で連打したり、ロールを入れたりすることもあり、ドラムセットには欠かせないパーツです。

「バスドラム」と「スネアドラム」の違い!

「バスドラム」「ドラムセットの中で一番大きく、足で操作して低い音を出すパーツのこと」です。

「スネアドラム」「ドラマーの真正面にある小太鼓のこと」です。

まとめ

今回は「バスドラム」「スネアドラム」の違いをお伝えしました。

「バスドラムは脚で操作」「スネアドラムは小太鼓」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典