スポンサーリンク

「バタンキュー」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バタンキュー」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バタンキュー」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バタンキュー」の意味

疲れ果てて倒れ込み、そのまま眠ってしまう様子のこと。

「バタンキュー」の解説

「バタンキュー」「疲れ果てて倒れ込み、そのまま眠ってしまう様子のこと」です。

仕事やスポーツなどで疲れ果てて、家に帰ってきた途端にベッドやソファーに倒れ込み、そのままぐっすりと寝入ってしまう様子です。

「パタン」は倒れる音で、「キュー」は息が漏れる音と言われています。

「パタンキュー」は戦後間もない頃から使われている言葉で、高齢者の方がよく使う傾向があります。

昔は戦後復興から昭和40年代の高度成長期にかけて、日本人はとにかくよく働いたことから、この様な表現ができたと言われています。

また、人気ゲーム「ぷよぷよ」で、対戦相手に対する敗北宣言として使われています。

「バタンキュー」の使われ方

「バタンキュー」は、疲労が限界になり、帰宅した途端に倒れて寝てしまった時に使われます。

「昨夜は飲み会で終電になり、家に着いたらバタンキューだった」「たぶん今日はこのままバタンキューだ」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典