スポンサーリンク

「ババ抜き」と「ジジ抜き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ババ抜き」と「ジジ抜き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランプは手軽で楽しいカードゲームです。

この記事では、「ババ抜き」「ジジ抜き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ババ抜き」とは?

「ババ抜き」とは、二人以上で行うトランプゲームです。

人数ごとに同じ枚数のカードを配り、同じ数字・記号のペアがあればそのペアを捨てます。

カードを引き合い、ペアができたら捨てるという動作を繰り返し、最終的にジョーカーを持っていた人が負けです。

「ジジ抜き」とは?

「ジジ抜き」「ババ抜き」と基本的なルールは同じです。

二人以上で行い、配られたカードや引いたカードからペアを見つけて捨てていきます。

ただしジジ抜きでは、カードを配布する前に山札からカードを一枚引いておき、「ババ抜き」でいうところのジョーカーの代わりとなるはずれのカードをあらかじめ作っておきます。

この時、引かれたはずれのカードはゲームが終わるまで明らかにされません。

「ババ抜き」と「ジジ抜き」の違い

「ババ抜き」「ジジ抜き」の違いを、分かりやすく解説します。

「ババ抜き」はジョーカーをはずれのカードにしますが、「ジジ抜き」ではずれになるカードはジョーカーではありません。

ランダムに選ばれたカードのペアがはずれとなります。

「ババ抜き」はジョーカーを引いた時すぐにはずれを引いてしまったとわかりますが、「ジジ抜き」はゲームの終盤までどのカードがはずれなのかわからない場合が多いです。

まとめ

「ババ抜き」はジョーカーを最後まで持っていた人が負けです。

「ジジ抜き」はゲームを始める前にジョーカーの代わりとなるはずれのカードを選びます。

そのはずれのカードのペアを最後まで持っていた人が負けです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典