「バブみ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「バブみ」について

「バブみ」「バブ」は片仮名、「み」は平仮名で書きます。

本来「み」が付くのは形容詞が名詞に変化する時ですが、「バブみ」に関しては「バブい」という言葉がある訳ではなく、単独でつくられた言葉です。

「バブみ」の意味

「バブみ」の意味とアニメ文化からくる様々な背景を紹介します。

「バブみ」の意味

「バブみ」の意味は、包容力があり母性本能を感じさせる「アニメ・ゲームの女性キャラ」のことです。

ネット用語として使われ、アニメで有名になった「萌え」が変化したものと言われています。

年齢が若くアイドル並みの可愛らしい顔立ちをしたキャラでも、母性を感じさせれば「バブみが高い」と言われます。

最近ではアニメキャラでだけではなく、実在の女性タレントやスポーツ選手にも使われることもあります。

女性から見た意味

「バブみ」は元々男性ネットユーザーが作った言葉ですが、最近では女性も使う様になりました。

しかし女性が「バブみ」を使う時には意味が少し違ってきます。

女性の場合「子供っぽくて母性本能をくすぐられる男性に対し使う言葉」となります。

「バブみ」の由来

「バブみ」の由来は、赤ちゃんが「バブーバブー」と言う様子からきています。

実際にそう言っている訳ではないのですが、生まれて間もなくの赤ちゃんを表す言葉です。

これに人間的な温かみを加えた名詞形として「バブみ」が生まれたのです。

「バブみ」の言葉の使い方

「バブみ」はネット用語で、使い方に関しては幾つかのポイントがあります。

年上女性には使わない

「バブみ」は同世代や年下の女性に対して使われます。

年下でありながら世話好であったり包容力があるなど、癒しを感じさせる面がある女性です。

相手が年上女性で母性本能がある場合には「姉萌え」という言葉があります。

「オギャる」が続くことがある

「バブみ」と併用される言葉として「オギャる」があります。

これは赤ちゃんが「オギャー」と泣くことから作られた動詞です。

「バブみ」を感じる女性に対して赤ちゃんの様に甘えたい気持ちを「バブみを感じてオギャりたい」と言うこともあります。

女性に直接言わないこと

当然ですが「バブみ」はネット用語ですので、二次元の世界に対して使うのが基本です。

或いはテレビや雑誌で見かける芸能人など実際に接する機会のない女性や、本人がいない時に同性同士の雑談として使うものです。

日常会話で目の前の女性に「バブみがある」というと気を悪くされることもあるので注意しましょう。

「バブみ」を使った例文・短文(解釈)

「バブみ」を使った例文と解釈を紹介します。

「バブみ」の例文1

「あの子は見た目に寄らずバブみがある」

年下の女性で、普段は妹の様に無邪気で明るいのですが、飲み会で隣に座ると料理を取り分けてくれたり、食べこぼしをサッと拭いてくれたりします。

世話好きで気が利く女性で男性がキュンと来る様子を表しています。

「バブみ」の例文2

「彼女にするならバブみが高い子がいいな」

「バブみが高い」は、「バブみ」がある女性の中でもひときわ包容力があり母性本能を感じさせる人を意味します。

男性がどちらかというとこまごまと構ってもらいたいタイプであることがうかがえます。

「バブみ」の例文3

「あのキャラに超バブみを感じる」

「バブみを感じる」は最もよく使われる表現です。

ズバリ「特定の女性に対して母性本能を感じる・感じたい」という意味です。

「バブみ」の例文4

「この犬チョーバブみ!」

女性側から見た「バブみ」の意味です。

犬が可愛らしくてつい構ってあげたくなった時にこの様に言います。

女性が使う場合には男性よりも軽く「カワイイ、母性をそそられる」という意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典