「バレンタインデー」と「ホワイトデー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バレンタインデー」と「ホワイトデー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バレンタインデー」「ホワイトデー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バレンタインデー」とは?

「バレンタインデー」の意味と概要について紹介します。

「バレンタインデー」の意味

「バレンタインデー」とは、「恋人や親しい人と一緒に過ごす為の日で、2月14日に定められ、日本では女性から好きな男性にチョコレートを贈る習慣がある」という意味です。

「バレンタインデー」の概要

「バレンタインデー」は、“St. Valemtine’s Day”(聖バレンタインの日)」が日本語化した言葉です。

日本では1958年頃から知られる様になった記念日で、元は某チョコレート業者が「バレンタインにはチョコを贈ろう」と広告を出して、盛大にキャンペーンを行いました。

当初は女性が好きな男性に告白する意味でチョコレートを贈っていたのですが、段々と「義理チョコ」「友チョコ」など、チョコレート業者の戦略により対象が増えています。

「バレンタインデー」の由来、西暦3世紀頃のローマで、兵士の結婚を禁じたいたところ、「聖バレンティヌス」という人が、秘密で結婚式を執り行っていたことから来ています。

「ホワイトデー」とは?

「ホワイトデー」の意味と概要について紹介します。

「ホワイトデー」の意味

「ホワイトデー」は、「バレンタインデーにチョコレートを貰った男性が、そのお返してとして、女性にキャンディーやクッキーなどをプレゼントする日で、3月14日に定められている」という意味です。

「ホワイトデー」の概要

「ホワイトデー」は日本発祥であり、海外にはない記念日です。

2月14日の「バレンタインデー」にチョコレートを貰った男性が、3月14日に女性にお返しをする為に、キャンディやクッキー、マシュマロやホワイトチョコなどを贈るのです。

「ホワイトデー」は、1978年頃から「アンサーデー」として知られ始め、全国飴菓子工業協同組合により認定され、1980年が第一回とされた記念日です。

それ以前には「クッキーデー」「フラワーデー」などと呼ばれていました。

最近ではお菓子ではなく、ジュエリーをプレゼントすることもあります。

「バレンタインデー」と「ホワイトデー」の違い!

「バレンタインデー」「2月14日に定められ、日本では女性から好きな男性にチョコレートを贈る記念日」です。

「ホワイトデー」「3月14日に定められ、バレンタインデーにチョコレートを貰った男性が、そのお返してとして、女性にキャンディーやクッキーなどをプレゼントする日」です。

まとめ

今回は「バレンタインデー」「ホワイトデー」の違いをお伝えしました。

「バレンタインデーは2月14日」「ホワイトデーは3月14日」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典