スポンサーリンク

「バーテンダー」と「ソムリエ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バーテンダー」と「ソムリエ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バーテンダー」「ソムリエ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バーテンダー」とは?

「バーテンダー」の意味と概要について紹介します。

「バーテンダー」の意味

「バーテンダー」とは「バーに来店したお客の好みを聞いて、ドリンクを作って提供する仕事」です。

「バーテンダー」の概要

「バーテンダー」は、バーの接客担当で、来店した客のリクエストや好みに応じて、お酒を作って提供する仕事をする人ことを言います。

お酒には様々な種類があり、カクテルなどは組み合わせで何百もの種類がありますが、その中からお客さんに喜んで貰えそうなドリンクを作るのです。

カクテルを作る際には「ビルド」「ステア」「シェーク」「ブレンド」などの技術が必要とされます。

また、常連客の好みを覚えて「いつもの」で通じる様にしたり、おひとり様の客に気配りをして話しかけるなど、おもてなしのプロとしてのスキルも必要です。

「ソムリエ」とは?

「ソムリエ」の意味と概要について紹介します。

「ソムリエ」の意味

「ソムリエ」とは、「レストランなどで、お客のワイン選びを手助けするワインの専門家」という意味です。

「ソムリエ」の概要

「ソムリエ」は、レストランなどで、お客がワイン選びをする時にアドバイスするワインの専門家のことを言います。

お客の好みや予算、料理との相性などを素早く把握して、最も合うワインを提案します。

「ソムリエ」は、ワインに関する専門知識が必要とされます。

「日本ソムリエ協会」「全日本ソムリエ連盟」が認定する資格を取得している人が多く、その人のスキルの目安になります。

「バーテンダー」と「ソムリエ」の違い!

「バーテンダー」「バーに来店したお客の好みを聞いて、ドリンクを作って提供する仕事」です。

「ソムリエ」「レストランなどで、お客のワイン選びを手助けするワインの専門家」です。

まとめ

今回は「バーテンダー」「ソムリエ」の違いをお伝えしました。

「バーテンダーはお酒を作る」「ソムリエはワインを選ぶ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典