スポンサーリンク

「バードキス」と「フレンチキス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バードキス」と「フレンチキス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バードキス」「フレンチキス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バードキス」とは?

「バードキス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「バードキス」は、キスの種類の一つになります。

ちなみに「キス」「キッス」ともいい、「接吻。

口づけ」
という意味があります。

もともと「キス」は、親が食べ物を柔らかくするように噛んで、口移しで子供に与えた行為から始まっているという説があります。

「バードキス」「バード」「小鳥」の意味があり、「小鳥キス」と呼ばれることもあります。

鳥がくちばしで何かをついばむとき、ちょんちょんと、何度もついばみます。

「バードキス」も同じように、軽く唇同士を合わせる行為を、何度も繰り返すという特徴があります。

「バードキス」「ディープキス」とは違い、エッチな雰囲気が少ないため、女性に人気があるようです。

仮にデート中にキスをするとしても、「バードキス」なら、周囲の人に見られても、それほど抵抗がないのではないでしょうか。

「フレンチキス」とは?

「フレンチキス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フレンチキス」「フレンチキス」と読みます。

「フレンチキス」は、一般的に言われる「ディープキス」のことを示唆します。

ライトなキスをイメージして「フレンチキス」というのは実は間違いで、誤用となります。

「フレンチキス」は、一方の人が、一方の口の中に舌を入れ、絡めあうようなキスを意味します。

恋人同士が行うキスで、性的な意味合いが強いキスとなります。

キスをした後で、セックスに移っていくカップルも少なくありません。

唇や舌、口を使い、性感を高める役割があります。

長くて情熱的、激しいキスが多くなります。

「フレンチキス」という言葉は、イギリスで生まれました。

当時のフランス人が情熱的で、このようなキスをしていたのを見て、ディープキスのことを「フレンチキス」と呼ぶようになったと考えられています。

「バードキス」と「フレンチキス」の違い

「バードキス」「フレンチキス」の違いを、分かりやすく解説します。

「バードキス」は、小鳥のように唇をちょんちょんと合わせるキスという意味になります。

一方で「フレンチキス」は、舌を絡め合わせるなどして性感を刺激するような、情熱的なキスを意味します。

日本では「フレンチキス」「バードキス」のようなライトなキスと誤解している人が多いため、「バードキス」「フレンチキス」が混同されています。

しかし、実際には「フレンチキス」「ディープキス」を意味するため、まるで違うキスとなります。

まとめ

「バードキス」「フレンチキス」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、明確な違いがありました。

「バードキス」「フレンチキス」の違いを知ることで、これからキスをするとき、誤解をしてしまわずに済みそうです。

ただし、キスをする相手が「フレンチキス」を軽いキスと誤解している可能性も、頭に入れておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典