スポンサーリンク

「パウンドケーキ」と「シフォンケーキ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パウンドケーキ」と「シフォンケーキ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どちらも甘いお菓子ですが、「パウンドケーキ」「シフォンケーキ」の違いを知っていますか。

この記事では、「パウンドケーキ」「シフォンケーキ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パウンドケーキ」とは?

「パウンドケーキ」は、バター、小麦、砂糖、卵を同量ずつ使用して作ったお菓子のことです。

イギリスでは「パウンドケーキ」を作る際に、バター、小麦、砂糖、卵を1ポンドずつ使用します。

このことから「パウンドケーキ」と呼ばれています。

また、フランスでは「パウンドケーキ」のことをカトルカールと呼んでいます。

カトルカールには1/4が4つという意味があります。

4つの材料を1/4ずつ使用することから、このように呼ばれています。

「シフォンケーキ」とは?

「シフォンケーキ」は、きめ細かく軽い食感が特徴のスポンジケーキの一種です。

シフォンには絹モスリンという意味があります。

「シフォンケーキ」が軽い食感なのは、油脂にバターではなくサラダ油を使用しているからです。

1927年にアメリカのレストランでリー・ベイカーという人が開発したといわれています。

「パウンドケーキ」と「シフォンケーキ」の違い

「パウンドケーキ」は、バター、小麦、砂糖、卵を同量ずつ使用して作ったお菓子です。

「シフォンケーキ」は、ふわっと軽い食感のスポンジケーキです。

材料や作り方に違いがあり、大きな違いは「パウンドケーキ」はバターを使用し、「シフォンケーキ」はサラダ油を使用することです。

まとめ

「パウンドケーキ」「シフォンケーキ」は、どちらもお菓子の一種ですが、食感も味もまったく違うものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典