スポンサーリンク

「パネェ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パネェ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、半端ではないという意味で使われる「パネェ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パネェ」とは?意味

半端ないの荒めの言葉遣いである半端ねぇ、それを略したものがパネェとなっており、意味はものすごい、すごいなどの意味でポジティブな意味合いとなっています。

量がパネェという使い方であれば量がすごい、パネェ漫画であればすごい漫画というように使え、非常に用途が広い言葉と言えます。

「パネェ」の概要

半端ないが元の言葉で、称賛の意図で使われます。

パネェ映画、この映画がパネェであればほぼ意味は同じで、特定の映画作品が凄いということを指しています。

マジパネェという「マジ」をつけた使い方がありますが、本当に凄いという意味合いとなりパネェよりもやや強調された意味合いとなっています。

超パネェは超すごいという事になり明らかに強調された使い方と言えます。

ハイパーパネェという言葉はアイドルゲームのキャラクターのキャッチフレーズとして存在していますが、そのゲームを指しての使用以外のケースはあまり見られません。

パネェという言葉自体は文字数の少なさもあり、インターネット、SNSなどの会話でよく見られますが、実際の会話でも使いやすいものしなっています。

かしこまった表現では一切ないため、あまり目上の人に使うのは控えたほうがいいでしょう。

パないという言葉も半端ないという言葉が語源で全く意味は同じですが、パネェと比べると普及度が低い感があり、マジパない、マジパナイはもう少し利用頻度が高くなっています。

こちらはマジパネェと全く同じ意味です。

「パネェ」の言葉の使い方や使われ方

「今年の日本シリーズは点の取り合いがパネェ」「パネェシュート」「エアロパーツがパネェ」「パネェ難しさのゲーム」「店の広さがパネェ」「懐かしさがパネェ」「パネェ昔」など元々が半端ない、凄いという言葉のため非常に幅広く使うことが出来ますが、やや雑な言葉であるため、バランスを取ったほうが違和感がなく使えるでしょう。

「パネェ」の類語や言いかえ

「半端ない」「半端ないって」「凄い」「すげぇ」「スゲー」「強烈な」「凄まじい」「圧倒的」「驚異的」など凄さが伝わる言葉であれば大体の言葉が言い換えとして使うことが出来るでしょう。

ただし、パネェは語彙をわざわざ考えず勢いで使っている人の褒め言葉という使い方なので「すげぇ」あたりが最も近い言葉といえ、小説などで「パネェ」と連呼しているキャラクターが「驚異的だ」などと急に言うと違和感が出てしまうと言えます。

まとめ

パネェはどちらかと言うと若さと雑さを含む言葉ではありますが、褒め言葉であることは間違いなく、ポジティブな意味合いの言葉です。

ただし、良いという程度ではなく、凄いという程度であり、良い、普通などに対応する略語は存在していません。

パネェ自体は少なくとも2006年頃には存在していることがインターネット上で確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典