スポンサーリンク

「パンデミック」と「エピデミック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パンデミック」と「エピデミック」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パンデミック」「エピデミック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パンデミック」とは?

「パンデミック」の意味と概要について紹介します。

「パンデミック」の意味

「パンデミック」とは「ある感染症が世界的規模で同時に流行すること」です。

「パンデミック」の概要

「パンデミック」は、ある感染症が、世界的な規模で流行することを言います。

ある感染症が流行り、国境を超えて世界中の国で国民の大勢が感染したり、死亡する事態を想定して使われる言葉です。

少し前までは2002年に「パンデミック」に特定された「SARS」、最も新しいのは「新型コロナウィルス」です。

「パンデミック」は、その規模に応じて「エンデミック」「エピデミック」「パンデミック」の3つに分類されます。

「パンデミック」は、3つのうち最も大規模で流行する感染症に対して使われます。

また、現在では転じて感染症以外に、世界的に大流行しているものに対して使われる様になっています。

「エピデミック」とは?

「エピデミック」の意味と概要について紹介します。

「エピデミック」の意味

「エピデミック」とは「一定の地域や集団において、ある疾病が、予測の範囲内を超えて大量に発生すること」という意味です。

「エピデミック」の概要

「エピデミック」とは、一定の国や集団において、ある疾病が、正常な範囲を超えて発生していることを言います。

「エピデミック」はギリシャ語で「全ての人々」を意味する言葉で、「アウトブレイク」とも呼ばれ、よく知られているものに「インフルエンザ」があります。

一定の地域や集団において、ある疾病が大流行することを言いますが、「エピデミック」が国境を超えて大流行すると「パンデミック」と呼ばれます。

「パンデミック」と「エピデミック」の違い!

「パンデミック」「ある感染症が世界的規模で同時に流行すること」です。

「エピデミック」「一定の地域や集団において、ある疾病が、予測の範囲内を超えて大量に発生すること」です。

まとめ

今回は「パンデミック」「エピデミック」の違いをお伝えしました。

「パンデミックは世界的な感染症の流行」「エピデミックは地域的な疾病の流行」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典