スポンサーリンク

「ビジネスオーナー」と「起業家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビジネスオーナー」と「起業家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ビジネスオーナー」「起業家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ビジネスオーナー」とは?

「ビジネスオーナー」とは、「FC店のオーナーやフリーのデザイナーなど、継続的な収益を生み出す何らかのビジネス(仕事の仕組み)を持っている人」を意味している経済用語です。

「ビジネスオーナー」という言葉は、「個人事業・フリーランス・零細企業も含めて、すでに収益を生み出してくれるビジネスを保有している人」を意味しているのです。

「起業家」とは?

「起業家(きぎょうか)」とは、「新たな市場・顧客のニーズをつくりだして、リスクを取って新しい事業(ビジネス)・会社を興す人」を意味している経済用語です。

「起業家」「アントレプレナー(“entrepreneur”)」とも呼ばれますが、「今までなかった新しい市場を開拓したり新しい製品・サービス・ノウハウ(仕組み)を開発したりして、新たな事業(ビジネス)あるいは企業をつくりだすチャレンジ精神に満ち溢れた人」を意味しているのです。

「ビジネスオーナー」と「起業家」の違い!

「ビジネスオーナー」「起業家」の違いを、分かりやすく解説します。

「ビジネスオーナー」「起業家」はどちらも「事業・ビジネスの経営に関わる人」を意味している経済用語ですが、「ビジネスオーナー」というのは「企業を新たに設立する人ではなくて、個人事業・フリーランスも含め、収益を生み出すビジネス(仕事)を保有している人」を意味しています。

「起業家」のほうは、「新しい市場やニーズを探し出し、リスクを取って新たに事業(ビジネス)・会社を興してチャレンジする人、アントレプレナー」を意味している違いがあります。

まとめ

「ビジネスオーナー」「起業家」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ビジネスオーナー」とは「個人事業・フリーランスも含め、収益を生み出すビジネス(仕事の仕組み)を持っている人」を意味していて、「起業家」「新しく事業を興したり会社を設立したりして、そのベンチャー事業(ベンチャー企業)を成長させようとする人」を意味している違いがあります。

「ビジネスオーナー」「起業家」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典