スポンサーリンク

「ビジョン」と「ミッション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビジョン」と「ミッション」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ビジョン」「ミッション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ビジョン」とは?

理想像や展望、見通しという意味がある言葉で、ミッションと比較した場合は「ミッション」を達成できた将来像という意味合いになります。

「顧客満足度No. 1を目指す」「世界を良い方向に変えていく」など具体的なものや抽象的なものまで幅広くなっています。

タカシマヤのビジョンは「◇こころに残るおもてなし ◇未来を切り拓く新たな生活・文化の創造 ◇いきいきとした地域社会づくりへの貢献 ◇地球環境を守るためのたゆまぬ努力 ◇社会から信頼される行動」となっています。

ほぼ永久的に通用するビジョンと言えるでしょう。

「具体的なビジョン」「明確なビジョン」という言葉では数値的な目標などを含めてわかりやすいものを指します。

会社の経営ビジョン、大学の運営ビジョン、組織内のビジョンを示すチームビジョンなどの言葉があります。

ビジョンは掲げるという表現が使われています。

ビジョンは理想像、目的としての意味合いが強く会社や組織を動かす方向を示す非常に重要なもので、未来を指すケースが多く、過去のビジョンという言葉はありますが達成済みもしくは未達成という結果の出たものなります。

会社トップが変わる際に新たなビジョンが掲げられるというケースもあります。

2020年の時点で2030年の経営ビジョンを掲げるということもありえます。

「ミッション」とは?

目的や使命、存在意義という意味で大きくとらえると企業理念という見方もあります、ビジョンを実現するためのものです。

今持っている思いのことを指すケースもあります。

会社のミッションでは現在または近い将来できることを指し、自動車メーカーであれば現行製品を作ることも将来の環境問題に対応できる車を研究することもミッションと言えます。

会社が発表しているミッションとしてはイオングルーブであれば「お客様を原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」タカシマヤグループでは「いつも、人から」タカシマヤグループは、「人を信じ、人を愛し、人につくす」こころを大切にし、社会に貢献します」となっています。

「ビジョン」と「ミッション」の違い

「ビジョン」「ミッション」の違いを、分かりやすく解説します。

「ビジョン」は将来像、「ミッション」は目的や存在意義という意味合いですが、今後20年などさらに先を見ているものをヒジョンとなりそのためにできることがミッションとなります。

ただし会社によってはビジョンとミッションはキャッチフレーズ的な考え方を発表する形にしているものもあり、こちらは30年単位を超えて長い期間通用する考え方となっているケースが多いです

まとめ

会社において「ビジョン」「ミッション」は基本的には両方セットで存在しているもので「ミッション」は達成するという概念がよりわかりやすくなっています。

その集大成をビジョンという見方も可能です。

ただし、会社によっては日々の目標や指針がミッションとビジョンと言う場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典