スポンサーリンク

「ビジョンハッカー」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビジョンハッカー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビやネットには、これまでにはない新しい言葉が誕生していることもあります。

この記事では、「ビジョンハッカー」の意味を分かりやすく説明していきます。

未来を読み解くヒントを、つかんでいきましょう。

スポンサーリンク

「ビジョンハッカー」とは?意味

「ビジョンハッカー」とは、社会の仕組みそのものを、根本から作り直していこうとする取り組みのこと。

また大きな野望を抱いた若者たちを、あらわす言葉です。

「ビジョンハッカー」のビジョンとは、英語で「未来・理想」のこと。

またハッカーには「不正に入ってくる人」という意味があります。

この言葉を組み合わせた「ビジョンハッカー」「未来をのっとる人、理想を奪いに行く人」という意味になります。

「ハッカー」と聞くとサイバーテロリストを連想してしまい、悪い言葉だと認識してしまうのですが「ビジョンハッカー」には、どちらかと言うと前向きな意味が込められています。

「ハッカー」には「古い概念を叩き壊す」というニュアンスもあります。

そのため「これまで当たり前だと思われていた構造を壊して、新しいものをつくっていく人」が正しい意味になります。

「ビジョンハッカー」の概要

「ビジョンハッカー」という言葉の、そもそもの源となっているのが、マイクロソフトの創業者となったビル・ゲイツ氏の生き方です。

ビル・ゲイツ氏はインターネットがあまり普及していなかった当初から「新しい世界の在り方」を探し続けていました。

そして古い概念を壊しながら「Windows95」を始めとする新しいシステムを、数多く世に送り出していきました。

時代は変わった今でも、ビル・ゲイツ氏のような生き方を追い求めている若者は、星の数ほどいます。

「世界の仕組みを、根本から変えていこう」そんなエネルギッシュな若者や団体のことをビジョンハッカーと呼んでいます。

2021年の春に『NHKスペシャル』で取り上げられてから、日本でも注目をあつめている用語です。

「ビジョンハッカー」の言葉の使い方や使われ方

「ビジョンハッカー」はこのようなシーンで使います。

・『Vision Hacker Awards』を受賞したビジョンハッカーたちに、オンラインインタビューを申し込んだ。

・ビジョンハッカーの生き様を見ていたら、涙がでてきた。

・ビジョンハッカーを目指すために、IT系の専門学校に進学することにした。

ビジョンハッカーは「困難な課題にチャレンジする、次世代の若者」をさす言葉です。

ちなみに『Vision Hacker Awards』というのは、ビル・ゲイツ財団がサポートをおこなう賞になります。

「ビジョンハッカー」の類語や言いかえ

「ビジョンハッカー」の類語には、次のような言葉があります。

・世界をアップデートする若者たち
・世界を変えていく若者
・新しい課題に取り組む、次世代の若者
『世界をアップデートする若者たち』というのは、NHKスペシャルで「ビジョンハッカー」を取り上げた際のサブタイトルです。

他にも「世界を変える、次世代の若者」などの表現があります。

まとめ

「ビジョンハッカー」の意味や使い方をチェックしました。

「ビジョンハッカー」とは既存の概念を壊して、新しい社会を作っていく若者たちです。

ビル・ゲイツ財団の賞が設けられ、NHKスペシャルでも取り上げたことから、日本でも注目されるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典