スポンサーリンク

「ピチピチしてる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ピチピチしてる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ピチピチしてる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ピチピチしてる」とは?意味

「ピチピチしている」には3つの意味があります。

1つめは、生きがよく動いているです。

魚が陸にあげられたときに飛び跳ねているような様子を指します。

2つめは、若々しくて元気がある状態です。

若い人の肌はシワがなくてピーンとしています。

このような状態を指します。

3つめは、鋭いかすかな音がしているです。

炭酸水をグラスにそそぐと、わずかに音がします。

あのような音がするさまを意味します。

「ピチピチしてる」の概要

3つの意味がありますが、どれも元気があるようなさまを指しています。

生きがよく動いているという意味では、陸にあげられた魚がこの状態が表すものにピッタリです。

魚は水がないと生きていくことができません。

しかし、水揚げされたばかりのころはまだ生きていて、動くことができます。

体をくねらせるようにして跳ね飛びます。

時間が経つと次第に元気がなくなってきて、動かなくなってきます。

つまり、生きがよいからこそ、活発に動いているのです。

この動きを「ピチピチ」といい、「している」をつけると、その動作をしていることを表します。

若い人の肌もこの言葉が意味するものにあてはまります。

10代、20代の肌はシワがなく、ピーンとハリのある状態です。

ハリのある肌からは、若々しさや元気を感じられます。

しかし、年齢を重ねて50代、60代になってくるとハリがなくなってきます。

ハリのない肌からは、あまり元気を感じられません。

「ピチピチ」は若々しくて活動のエネルギーとなるものがあるといった意味を持ち、「している」をつけるとそのような状態であることを指します。

この言葉は音の意味もあります。

たとえば、炭酸飲料をグラスにそそいだときです。

炭酸飲料をグラスにそそぐと、グラスの底の方から小さな泡が表面に向かって上がってきます。

このときに、「ピチピチ」といったかすかな音がします。

古くなった炭酸飲料では、グラスにそそいでもあまり音がしません。

つまり、音がするのは新鮮で生きがよいような炭酸飲料である証なのです。

氷でもときどき音がすることがあります。

水の中で割れた氷に耳を傾けると、かすかな音を聞き取れます。

大部溶けてしまったものではだめで、新しい氷でないとこの音を聞くのは難しいです。

「ピチピチしてる」の言葉の使い方や使われ方

3つの意味がありますが、どれも元気があるさまを指して使われています。

悪い意味で使われることは少なく、好ましい意味で使うことが多いです。

「ピチピチしてる」の類語や言いかえ

「生きがいい」「若々しい」などが似たような意味の言葉です。

生きがいいとは、元気に活動しているような状態を指します。

若々しいとは、活動のエネルギーがあふれているような状態を指します。

まとめ

この言葉には3つの意味があり、どれも元気なさまを指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典