「ピッチングウェッジ」と「アプローチウェッジ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ピッチングウェッジ」と「アプローチウェッジ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ピッチングウェッジ」「アプローチウェッジ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ピッチングウェッジ」とは?

「ピッチングウェッジ」とは、「ゴルフクラブのアイアンセットに初めから含まれているウェッジで、ショートアイアン9番よりロフト角が大きなもの」を意味しています。

「ピッチングウェッジ」「アプローチで比較的短い距離のショットを打つためのクラブ」で、ウェッジの中では「低い軌道で転がりやすいボール(ピンまでの距離がやや遠いときに有効なショット)」を打ちやすい特徴を持っています。

「アプローチウェッジ」とは?

「アプローチウェッジ」とは、「ゴルフクラブのアイアンセットに含まれていなくて、バラ売りされているウェッジ」のことを意味しています。

「アプローチウェッジ」は、ウェッジの中でも「シャフトが短くてロフト角が大きいクラブ」であり、「高い軌道で転がりにくいボール(ピンまでの距離が近いときやピンとの間に障害物があるときに有効なショット)」を打ちやすい特徴を持っています。

「ピッチングウェッジ」と「アプローチウェッジ」の違い!

「ピッチングウェッジ」「アプローチウェッジ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ピッチングウェッジ(PW)」「アプローチウェッジ(AW)」もゴルフクラブのウェッジの一種であるということでは似ていますが、「PW」「基本的なアイアンセットに元から含まれているウェッジ」「AW」「バラ売りされていてセットとは別に買って追加するウェッジ」という違いがあります。

「ピッチングウェッジ(PW)」「アプローチウェッジ(AW)」よりもシャフトが長くて、ロフト角が4~6度ほど小さくなります。

そのため、「PW」よりも「AW」のほうが「ピンまでの距離が近いとき・高い軌道で転がらないボールを打ちたいとき」に向いている違いを指摘できます。

まとめ

「ピッチングウェッジ」「アプローチウェッジ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ピッチングウェッジ」とは「ゴルフクラブのアイアンセットに含まれているもので、ショートアイアン9番よりもロフト角が大きなウェッジ」を意味していて、「アプローチウェッジ」「アイアンセットに含まれずバラ売りされているもので、ピッチングウェッジよりロフト角が大きくてボールが転がりにくいウェッジ」を意味している違いがあります。

「ピッチングウェッジ」「アプローチウェッジ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典