スポンサーリンク

「ファンキーな女」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ファンキーな女」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ファンキーな女」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ファンキーな女」とは?意味

「ファンキーな女」「ファンキー」とは英語の「funky」から来たカタカナ語で、「非常に派手な」「型破りな」「イカした」「カッコいい」などと言った意味を指す言葉です。

従って「ファンキーな女」とは「非常に派手な女」「型破りな女」「イカした女」「カッコいい女」などを意味する俗語と言えます。

「ファンキーな女」の概要

「ファンキーな女」「ファンキー」は英語から来ていると前項で記載しましたが、その英語の「funky」には、大別すると3つの意味があります。

そのひとつは、「嫌な臭いや悪臭やかび臭い」と言う意味です。

また2つ目の意味としては、「Funk Music」を指す意味です。

この音楽は「土臭い」すなわち「素朴で洗練されていない音楽」で、アフリカ系アメリカ人を中心に1960年代に台頭して来たソウルミュージックやジャズやリズム&ブルース等を組み合わせた新しい音楽を指しています。

3つ目の意味としては、「カッコいい、イカした、型破りな」と言う意味で、「Funk Music」から転じた意味です。

以上の事から、日本でカタカナ語として定着している「ファンキー」は英語の3つ目の意味から来ていることが分かります。

カタカナ語の「ファンキー」は英語のスラングから来ているので、「イカした」と表現するのが、そのニュアンスを最もよく伝えていると言えるかも知れません。

ちなみに、英語から来たカタカナ語に「クール」と言う言葉もあり、こちらも「カッコいい」意味で使われます。

2つの言葉を比較すると、「クール」は普通に「カッコいい」ことを指しますが、「ファンキー」には、「独創的で型破り」と言うニュアンスが強く含まれる点が違うと言えます。

女性に対して「ファンキー」と表現するのは、褒め言葉ですが、その言葉を「ぶっ飛んだ女」と言われていると、ネガティブに捉えられる懸念もあります。

従って、誤解されない様に表現するなら「クール」を使う方が無難と言えるかも知れません。

「ファンキーな女」の言葉の使い方や使われ方

「ファンキーな女」の言葉は、以下の様に使われます。

・『彼女を褒めるつもりでファンキーな女と表現したのですが、そんなにぶっ飛んでいませんと彼女に怒られてしまいました。』

・『彼女は外見はファンキーな女に見えますが、内面は意外と日本的でおしとやかです。』

「ファンキーな女」の類語や言い換え

「ファンキーな女」は、言葉の意味として挙げた、「イカした女」「カッコいい女」「型破りな女」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「ファンキーな女」「ファンキー」とは英語の「funky」のスラングから来たカタカナ語で、「派手な」「型破りな」「イカした」「カッコいい」の意味です。

従って「ファンキーな女」とは「非常に派手な女」「型破りな女」「イカした女」「カッコいい女」などの意味で使われる俗語と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典