スポンサーリンク

「フェイクレザー」と「合成皮革」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フェイクレザー」と「合成皮革」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フェイクレザー」「合成皮革」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フェイクレザー」とは?

天然皮革に似せて作った素材のことです。

フェイクには偽物、レザーには皮革という意味があります。

つまり、「フェイクレザー」は偽物の皮革、天然皮革ではないということです。

「フェイクレザー」は、衣服、靴、雑貨、家具などさまざまなものに使用されています。

この素材のメリットは3つあります。

1つめは安価であることです。

人工的に作ることができるので、天然のものよりも安く手に入れることができます。

2つめは品質が均一であることです。

天然のものは、動物の飼育環境や栄養状態など、さまざまな条件によって品質が変わってしまいます。

しかし、人工的に作り出すことができれば、同じ条件のもと作ることができるため、品質が均一になります。

3つめは動物を殺さないことです。

ヴィーガンで動物系の素材を使用したものは購入したくないという場合でも、この素材なら問題なく使うことができます。

しかし、デメリットもあります。

それは、天然に比べて劣ることと、ひび割れしやすいことです。

やはり、天然ではないので見た目が違います。

またポリウレタンやポリ塩化ビニルを使用したものは劣化しやすく、ひび割れてきます。

「フェイクレザー」の使い方

天然皮革に似せて作られた素材を指して使用する言葉です。

「合成皮革」とは?

天然皮革に似せて作られた素材のことです。

合成には、化合物を作ることという意味があります。

織物などの土台(基布)の表面に塗装をして作られています。

加工方法によって見た目が異なります。

この素材は、衣服、靴、雑貨、家具などに使用されています。

メリットは、安価なこと、品質が均一であること、動物を殺さないことです。

デメリットは表面がべたついたり、剥がれたりすることです。

使用状況にかかわらず、経年劣化によってべたつきや剥がれが出てきます。

直射日光、湿気、高温によって劣化が早まるため、日光に当たらない湿気が少なく涼しい場所で保管をするようにします。

「合成皮革」の使い方

天然皮革に似せて作られた素材を指して使用する言葉です。

「フェイクレザー」と「合成皮革」の違い

どちらの言葉が指すものも、天然皮革に似せて作られた素材を指しています。

「フェイクレザー」には「合成皮革」「人工皮革」があります。

「フェイクレザー」の例文

・『フェイクレザーを使ったジャケット』
・『フェイクレザーのブーツ』
・『注目のフェイクレザーアイテム』
・『フェイクレザーのバッグ』

「合成皮革」の例文

・『合成皮革をお手入れする』
・『合成皮革のアウターをクリーニングに出す』
・『合成皮革がのバッグが濡れてしまった』
・『製品の一部に合成皮革を使用している』

まとめ

それぞれの言葉が指すものは同じです。

厳密にいうと「フェイクレザー」には「合成皮革」「人工皮革」があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典