スポンサーリンク

「フェーズに入る」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フェーズに入る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場で同僚と話していると、ぱっと理解できない表現に出会うこともあります。

この記事では、「フェーズに入る」の意味を分かりやすく説明していきます。

新しい言葉を、今すぐ学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「フェーズに入る」とは?意味

「フェーズに入る」とは、新しい局面にはいること。

これまでとは異なる、第2のステップに突入することを指します。

状況が大きく変化するとき、変換していくときに用いる言葉です。

フェーズに入るの「フェーズ」には、ひとつの区切りという意味があります。

そして時期や段階という訳もあります。

そのため「フェーズに入る」で、これまでの段階が終わり、あらたな局面に進んでいくという内容になります。

どんな仕事や環境でも、その都度その内容は変わってきます。

「その時の風を読んで、その時におこなうべき作業をすること」がフェーズに入るの本来の目的です。

これまでとは違う局面に入ったら、たたかう舞台ももちろん変わってきます。

そのため携える武器も変えていく必要があります。

新しいフェーズに入るということは「より気を引き締めて、仕事に取り掛かる必要がある」という言葉です。

「フェーズに入る」の概要

「フェーズに入る」という言葉が生まれたのは、商品開発などのビジネスの現場です。

いい新商品をつくって世の中に広めていくためには「段階を踏んでいく作業」が必要になります。

そのため企業によっては、準備・マーケティング・企画開発・事業戦略・販売など、いくつかのフェーズを用意して、業務を効率よく進めているところもあります。

またベンチャー企業の中には、成長戦略のひとつとして「企業フェーズ」を採用しているところもあります。

企業フェーズとは会社がどのくらい大きくなったら、どのような人材を雇い、どのような事業を拡大させていくか、段階的に示したものです。

この場合、ひとつの区切りが終わって、新しい区切りに入ることが「フェーズに入る」にあたります。

「フェーズに入る」の言葉の使い方や使われ方

「フェーズに入る」は次のように用います。

「そろそろ次のフェーズに入るので、準備をお願いします」

・水面下で進めていたシステムが、いよいよテスト運転のフェーズに入った。

・冬に向けて感染者が増え、あらたなフェーズに入ることが予想される。

フェーズに入るは、新しい局面を迎えるタイミングで使います。

ビジネスで次のステップに移るとき、医療現場の今後の動向を伝えるときに用います。

「フェーズに入る」の類語や言いかえ

「フェーズに入る」と同じ意味合いの言葉には、次の語句もあります。

・新しい局面を迎える
・次のステージに入る
・進捗する
・前進する
・段階を踏む
フェーズに入るは「新しい局面を迎える」「前進する」などの言葉に言いかえできます。

まとめ

「フェーズに入る」の言葉の意味や使い方をチェックしました。

「フェーズに入る」とは、新しい局面を迎えること。

次のステージに突入することを示す言葉です。

企業が業務の段取りを立てるとき、医療現場の情勢を言いあらわすときに用います。

TPOにあわせて、使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典