スポンサーリンク

「フォロー」と「サポート」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フォロー」と「サポート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フォロー」「サポート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フォロー」とは?

「フォロー」の意味は以下の通りです。

1つ目は「足りない部分や失敗した部分を後から補うこと」という意味で、誰かがやったことに対して、人が後から補足することを言います。

2つ目は「一度終わった後も更に見守ったり、何かあれば対応すること」という意味で、一段落した後も面倒を見ることを言います。

3つ目は「ゴルフで追い風が吹くこと」という意味で、転じて有利になることを言います。

4つ目は「スポーツで、他の選手が手放したボールを処理すること」という意味です。

5つ目は「SNSで、他人の投稿を登録すること」という意味で、他人の投稿内容を見られるように登録することを言います。

上記に共通するのは「相手の後に続く」という意味です。

「フォロー」は英語の“follow”が日本語化した言葉で「人の後に続く」「~に付いて行く」「追いかける」などの意味があります。

「フォロー」の使い方

「フォロー」「足りない部分や失敗した部分を後から補うこと」「一度終わった後も更に見守ったり、何かあれば対応すること」「ゴルフで追い風が吹くこと」「スポーツで、他の選手が手放したボールを処理すること」「SNSで、他人の投稿を登録すること」という意味で使われます。

日本語では名詞として動詞を伴い「フォローする・した」と使われたり、副詞として「フォローして」と使われたりします。

基本的に、人の後に続き、その人がしたことを補うことに使われる言葉です。

「サポート」とは?

「サポート」の意味は以下の通りです。

1つ目は「支持・支援すること」という意味で、人を支えることを言います。

2つ目は「商品やサービスを利用した人の相談に乗る窓口」という意味で、アフターサービスを行う部門のことを言います。

上記に共通するのは「支援する」という意味です。

「サポート」は英語の“support”が日本語化した言葉で、「支える」「支援する」「援助する」「支持する」などの意味があります。

「サポート」の使い方

「サポート」「支持・支援すること」「商品やサービスを利用した人の相談に乗る窓口」という意味で使われます。

日本語では名詞として動詞を伴い「サポートする・した」と使われたり、副詞として「サポートして」と使われたりします。

基本的に、ある人がきちんとやっていける様に支援することに使われる言葉です。

「フォロー」と「サポート」の違い

「フォロー」「人の後に続き、その人がしたことを補うこと」という意味です。

「サポート」「ある人がきちんとやっていける様に支援すること」という意味です。

「フォロー」の例文

・『書類にミスをしたが、先輩がフォローしてくれた』

・『言い間違いをしたがうまくフォローできた』

・『バスケの試合で選手のフォローがうまかった』

・『フェイスブックを相互フォローする』

「サポート」の例文

・『先輩をサポートする役割を任せられた』

・『サポート業務は細やかさが大切だ』

・『あの企業はサポート体制が充実している』

・『彼の活動をサポートしていきたい』

まとめ

今回は「フォロー」「サポート」について紹介しました。

「フォロー」「人の後に続いて補足する」「サポート」「人を支援する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典