スポンサーリンク

「フォローアップ研修」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フォローアップ研修」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フォローアップ研修」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フォローアップ研修」とは?意味

あとあとまで面倒をみたり、追跡調査をしたりするための研修のことです。

フォローアップには、ある事柄を中途半端な状態にしないために、あとあとまで面倒をみたり、追跡調査をしたりするという意味があります。

結婚相談所の多くは、成婚をしたら退会となります。

しかし、退会したらもうその人の面倒はみないのではなく、しばらくの間は面倒をみてくれることがあります。

相談に乗ってくれたり、新婚生活をサポートしてくれたりするのです。

このことをフォローアップといいます。

研修には、仕事をするうえで必要な知識や技術を身につけるために、一定期間を設けて知識や技術の習得をすること、またその講習会のことという意味があります。

新入社員はまだ会社のことを何も知らないので、どのように仕事をしたらいいのかわかりません。

そこで、仕事を覚えてもらうための講習が開かれます。

これを研修といいます。

「フォローアップ研修」は、あとあとまで面倒をみるための研修です。

「フォローアップ研修」の概要

これは新入社員に対して行われることが多いです。

何年も勤務している人なら仕事に慣れており、仕事上の問題は少ないことでしょう。

しかし、新入社員はまだ仕事に慣れていないため、わからないことが多く、問題や課題がでてきます。

問題ばかりでは仕事をするうえで苦労をします。

こういったことがないように、また会社としては有益な人材を確保するために新入社員研修を設けています。

しかし、研修で学んだことが本当に身についているのかわかりません。

「フォローアップ研修」では、新入社員研修の後に、研修の内容を振り返り、今後の課題やどのような行動をするのかなどを確認していきます。

これによって目標やどう行動をしたらいいのかが明確になります。

中堅社員や管理職にも、この研修は行われます。

中堅社員は、スキルアップ研修やリーダーシップ研修などを受けることがあります。

こういった研修の振り返りをし、スキルが身についているかを確認します。

管理職に対しては、目標設定や人材育成プランなどに役立てるための研修が行われます。

「フォローアップ研修」の言葉の使い方や使われ方

仕事の場面で使われる言葉です。

仕事関係の会話をする以外では、日常会話の中ではあまり使用しません。

「フォローアップ研修」の類語や言いかえ

類語はありません。

強いていえば「振り返り」「振り返る」が似たような意味になります。

振り返るとは、過ぎたことを思い返すという意味です。

入社してからの1年間を思い出すことを「入社後の1年間を振り返る」などといいます。

まとめ

スキルアップなどのための研修をしたらそれで終わりではなく、あとあとまで面倒をみるための研修が設けられていることがあります。

これを行うことで目標や課題が明確になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典