「フライヤー」と「チラシ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フライヤー」と「チラシ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フライヤー」「チラシ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フライヤー」とは?

「フライヤー」とは、「チラシよりも小さなサイズで厚みのある紙でつくられた広告物」のことを意味しています。

「フライヤー」の語源は「flier・flyer」とされ、元々、戦時中に飛行機によって上空からばらまかれた広告物のことでした。

現在では「フライヤー」「イベント開催情報・店舗オープン情報などを掲載する小さめサイズ(A6・ポストカード)の広告物」を意味していて、「店舗・公共空間に置いて自由に手に取ってもらう設置広告」の使い方が多くなっています。

「チラシ」とは?

「チラシ」とは、「新聞の折込み広告・ポストの投函広告などの紙媒体の広告」のことを意味しています。

「チラシ」というのは「A4・B5のサイズで、薄い紙でつくられた広告」のことであり、主に「セール情報(特売・安売りの情報)・キャンペーン情報などの周知」に使われています。

「チラシ」の語源は「周囲に撒き散らす・散らす・散らし」にあるとされ、「できるだけ多くの人に、自社のセールやキャンペーンの情報を見て知ってもらうこと(結果としての集客につなげること)」を目的としています。

「フライヤー」と「チラシ」の違い!

「フライヤー」「チラシ」の違いを、分かりやすく解説します。

「フライヤー」「チラシ」はどちらも「集客・周知を目的とした紙媒体の広告物」を意味している点では似ていますが、「フライヤー」「自店舗に置く・他店舗や公共スペースに置いてもらう使い方」が多く、「チラシ」のほうは「新聞の折込み広告・ポストに投函する広告の使い方」が多い違いがあります。

「フライヤー」「A6・ポストカード」などの小さめのサイズが多く、「チラシ」「A4・B5」などの大きめのサイズが多い違いもあります。

また「フライヤー」「チラシ」のような「商品の細かいセール情報・キャンペーン情報」などではなく、「イベントの日時や場所の情報・お店のオープン情報などの告知目的」が多いという違いも指摘できます。

まとめ

「フライヤー」「チラシ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「フライヤー」とは「お店に置いたり置いてもらったりして見てもらう、チラシよりも小さなサイズ(厚みのある紙)の広告物」を意味していて、「チラシ」「新聞の折込み広告・ポストに投函する広告などを典型とする、フライヤーより大きめの紙媒体の広告」を意味している違いがあります。

「フライヤー」「チラシ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典