スポンサーリンク

「フランチャイズ店」と「チェーン店」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フランチャイズ店」と「チェーン店」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フランチャイズ店」「チェーン店」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フランチャイズ店」とは?

「フランチャイズ店」は有名な企業の名前を借りて、お店を営業することにあり、営業するお店の資本は、お店を経営する経営者で、有名企業ではありません。

その為、資本は経営者側であくまで営業方法や営業に関する知識を与えたり、有名企業の名前を貸し付けて営業するのが「フランチャイズ店」です。

「チェーン店」とは?

「チェーン店」は、企業自らの資本を繰り出して営業する店舗を鎖のように繋げていくことで構成されるお店です。

飲食店に多い手法で、企業が自らの資本を使用して、お店を増やすことで収入を得るというのがこの手法に当たり、お店が増えれば増えるほど収入が増えるのですが、あくまでお店にお客が入ることが前提であるため、お店にお客が入らなくなると途端経営が危ぶまれるのが「チェーン店」になります。

「フランチャイズ店」と「チェーン店」の違い

「フランチャイズ店」「チェーン店」の違いは、資本が主体となる企業から出ているか個人から出ているかです。

「フランチャイズ店」はいわば名義貸しのような物で、有名企業の名前を借りてビジネスを行うのですがこの時の資本は、お店を経営している経営者で、有名企業からは出ません。

一方「チェーン店」は企業が自らの資本でお店を出し続けることを意味します。

「フランチャイズ店」の例文

・『フランチャイズ店の提携先が倒産した』
この例は、名前を借りてビジネスをしている提携先がつぶれてしまったという例です。

実は、「フランチャイズ」は、名前を借りてビジネスをしている関係上、名前が有名であれば、有名店の息がかかったお店として判断されるのですが、稀に、提携先の有名店側がつぶれることもあり、こうした場合、「フランチャイズ店」は今の名前を借りているお店の名前を使用してビジネスることはできず、提携先からの営業のアドバイスも受けることができなくなります。

「チェーン店」の例文

・『牛丼のチェーン店を経営する』
この例は、牛丼のお店をたくさん出店して営業するという例です。

なお、「チェーン店」は資本企業のお店ですので、名前を統一して出店するか、新しくブランドを作り出店することも可能で別に名前を一つに統一して出店する必要性はありません。

まとめ

「フランチャイズ店」「チェーン店」の違いは、提携先が名前を貸して資本金は別途経営者が背負うという違いであるか、資本金自体が企業持ちで企業がお店を複数経営することであるかです。

「フランチャイズ店」「チェーン店」も実のところ親会社があり、それが倒産すると「チェーン店」はお店を経営できません。

しかし、「フランチャイズ店」は、実は営業は可能で、要は親会社の名前を使用せず、独立して営業すれば個人経営店として営業ができます。

逆にチェーン店は、独立して営業が不可能で、資本金が親会社にあるが故、切り離して営業することができず「チェーン店」は親会社の経営が苦しくなるとお店の維持が難しくなるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典