スポンサーリンク

「フリーズ」と「ハングアップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フリーズ」と「ハングアップ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フリーズ」「ハングアップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フリーズ」とは?

「フリーズ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フリーズ」は英語で「freeze」と表記します。

「フリーズ」には「凍ること。

冷凍すること」
という意味があります。

また「フリーズ」には、「動かなくなること。

コンピュータなどが突然動かなくなること」
を意味します。

コンピュータの世界で「フリーズ」すると、キーボードをたたいても、マウスをクリックしても、まるで反応しなくなります。

「フリーズ」をする原因として、パソコン本体の「熱暴走」があります。

内部の温度が高くなると、CPUが壊れてしまうためです。

また、「メモリ不足」による「フリーズ」もあります。

パソコンに搭載されたメモリを超えて作業をしてしまうと、処理に負担がかかり「フリーズ」してしまうことがあります。

他にも「アプリの不具合」「ウイルス感染」によって、「フリーズ」することがあります。

「ハングアップ」とは?

「ハングアップ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ハングアップ」は英語で「hang up」表記します。

「ハングアップ」は、「コンピュータが暴走などによって、入力を一切受け付けなくなり、作動も機能もしなくなる状態」という意味があります。

「パソコンが固まる状態」などを「ハングアップ」と言います。

「ハングする」と略することもあります。

「ハングアップ」する原因は、「フリーズ」と同様です。

「熱暴走」「メモリ不足」「アプリの不具合」などが考えられます。

パソコンが古くなって、限界を迎えようとしているのかもしれません。

「ハングアップ」がたびたび繰り返されるようになったら、パソコンの買い替えを考えるべきかもしれません。

「フリーズ」と「ハングアップ」の違い

「フリーズ」「ハングアップ」の違いを、分かりやすく解説します。

「フリーズ」は、「コンピュータなどが突然動かなくなること」を意味します。

次に「ハングアップ」「コンピュータが暴走などによって、入力を一切受け付けなくなり、作動も機能もしなくなる状態」という意味があります。

基本的に「フリーズ」「ハングアップ」は、パソコンが動かなくなること、反応しなくなることを意味します。

ただし、「フリーズ」は回復の可能性があります。

メモリ不足によって、処理などが遅くなり、固まってしまっていますが、時間をかけて処理を終わらせて、再び動き出す可能性があります。

一方の「ハングアップ」は、回復不能な状態を指し、再起動をするしか道がないという状態を意味します。

このように、パソコンの不具合は「フリーズ」から始まり、ひどくなって、回復不能になると「ハングアップ」と呼ぶと覚えておくといいのではないでしょうか。

まとめ

「フリーズ」「ハングアップ」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知ることで、使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典