スポンサーリンク

「フリーランス」と「業務委託」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フリーランス」と「業務委託」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

働き方の自由度も非常に高まっている現代では、「フリーランス」の人や「業務委託」で仕事を進める会社も増えています。

しかしそれらは全く意味が違う言葉なのですが、関連する言葉なので混同されることが多いのも事実です。

この記事では、「フリーランス」「業務委託」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フリーランス」とは?

「フリーランス」は特定の組織や会社などの営利団体に所属せず、個人で自由に仕事を契約する働き方をしている人を指します。

どこかしらの企業や会社から、持っている技術やできることに応じて仕事を引き受け、その成果物を渡すことで報酬を得る、個人事業主の一つです。

「フリーランス」は主に会社などから仕事の依頼を受けますが、その会社に所属しているわけではありません。

そのため以前受けた依頼よりも報酬の良い、先の依頼人の競合相手から仕事を受けても構わないなど、ある程度自由に仕事を選ぶ事ができます。

福祉など会社のサポートを受ける事はできませんが、その代わり自由度の高い生活を送りやすい働き方です。

「業務委託」とは?

「業務委託」は外部の企業や会社に、自社の仕事の一部、あるいは全部を任せるという契約です。

グループ企業の場合は子会社に「業務委託」することもありますが、そうでない場合は資本的にも関係がない会社や、「フリーランス」で働く人へ「業務委託」することが多いでしょう。

「業務委託」は、その仕事を代わりにしてください、という契約であって、委託した相手を一時的にでも雇用するわけではありません。

そのため契約の報酬は必要になりますが、その業務を行う人の雇用費などはかからないので、自社スタッフでその業務を完遂させるよりコストを抑えられる可能性があります。

また専門性の高く人材探しが難しい技術が必要な場合も、「業務委託」が利用されがちです。

「フリーランス」と「業務委託」の違い

「フリーランス」は他の会社から仕事を引き受けて報酬を得る働き方や、そう言った働き方をしている人を指します。

それに対して「業務委託」は、社外の人に仕事を引き受けてもらう契約のことです。

「フリーランス」の人には、何らかの会社から「業務委託」を受けることで対価を得ている人が多く、会社からすれば「フリーランス」の人は「業務委託」をする人なので、「フリーランス」のことを「業務委託」と呼ぶ人は少なからずいます。

ですが「業務委託」はあくまでも契約の形式で、個人に委託することもあれば企業に委託することもあり、その委託を個人で受ける人を指すのが「フリーランス」です。

まとめ

現在の「フリーランス」「業務委託」で報酬を貰っている人も多く、「フリーランス」の人が「業務委託」と名乗るケースもあります。

しかし「業務委託」を受けずに報酬を得ている人もいれば、企業への「業務委託」もあるので、「フリーランス」「業務委託」を一緒にするのは、誤解やトラブルの原因になりかねません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典