スポンサーリンク

「フルローン」と「オーバーローン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フルローン」と「オーバーローン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フルローン」「オーバーローン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フルローン」とは?

「フルローン」とは、家を購入する際に、頭金を入れず全額ローンを組み購入することを言います。

「フルローン」にするメリットは、頭金を貯金する時間を節約できる、すぐにマイホームを手に入れることができるということになるでしょう。

デメリットとしては、返済する金額が大きくなることです。

「オーバーローン」とは?

「オーバーローン」とは、ローンの残高が、不動産の価格より上回っている状態を意味します。

簡単に言えば、家を売った後にローンが残ることです。

買った時には価値が高かった家、土地であっても年数の経過と共に、その価値が下がってしまうことがあります。

つまり住宅ローンを返すスピードより、価値の下落のスピードが速いとこのような状態を生んでしまうのです。

「フルローン」と「オーバーローン」の違い!

「フルローン」「オーバーローン」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも不動産、家の購入などで使われる用語です。

「フルローン」とは頭金なしでローンを組むことです。

一方の「オーバーローン」とは、家を売却した後にローンが残ることという意味ですが、それとは別に、家を購入する際の諸経費などもローンにして、物件の価格よりも上回る金額のローンを組むことという意味もあります。

つまり最初から経済的に無理があることが多く、途中で支払えなくなるリスクが「フルーローン」よりも高いと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「フルローン」「オーバーローン」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「フルローン」の場合、手元の貯金をキープしておきたいという理由で組む人もいるでしょう。

一方で最初に「オーバーローン」を組む、途中で売却しようと考え「オーバーローン」になるという場合は、どちらも経済的にかなり厳しい状態と言えます。

よく考えて、行動した方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典