スポンサーリンク

「フロアタイル」と「クッションフロア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フロアタイル」と「クッションフロア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フロアタイル」「クッションフロア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フロアタイル」とは?

「フロアタイル」とは、「床に並べて貼るだけで施工できる薄くて固い塩化ビニル系素材でつくられた土足対応のタイル状床材」のことです。

「フロアタイル」「クリア層・プリント層・基材の3層構造」になっていて、カッターで切りやすい素材なので、「フロアタイル」を切って床に並べてボンドで貼るだけで施工することができます。

「クッションフロア」とは?

「クッションフロア」とは、「柔らかい踏み心地と水を通さない防水性能が特徴の塩化ビニル系素材でつくられたシート状床材」のことです。

「クッションフロア」「クリア層・プリント層・発泡層・不織布の4層構造」になっていて、クッション性の効いた柔らかい床材になっています。

「クッションフロア」はカッターやはさみで簡単に切って、ボンド・両面テープで貼り付けて施工することができます。

「フロアタイル」と「クッションフロア」の違い!

「フロアタイル」「クッションフロア」の違いを、分かりやすく解説します。

「フロアタイル」「クッションフロア」はどちらも「住宅・店舗で使われる塩化ビニル系床材の種類」のことですが、「フロアタイル」というのは「土足にも対応している固い感触でクッション性には乏しいタイル状の床材」です。

「フロアタイル」に対して「クッションフロア」というのは、「クッション性(衝撃吸収性)と防水性のある塩化ビニル素材のシート状の床材」であるという違いを指摘できます。

「フロアタイル」「固くて土足に対応しているタイル状の床材」ですが、「クッションフロア」「柔らかくてクッション性のあるシート状の床材」なのです。

まとめ

「フロアタイル」「クッションフロア」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「フロアタイル」とは「並べて貼るだけで施工できる薄くて固い塩化ビニル系素材でつくられたタイル状床材」を意味していて、「クッションフロア」「幅広で柔らかい踏み心地と防水性能が特徴の塩化ビニル系素材でつくられたシート状床材」を意味している違いがあります。

「フロアタイル」「クッションフロア」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典