スポンサーリンク

「フロンティア」と「パイオニア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フロンティア」と「パイオニア」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フロンティア」「パイオニア」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た印象のある2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「フロンティア」とは?

「フロンティア」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フロンティア」は英語表記では「frontier」と書きます。

「フロンティア」には、「国境地方や辺境。

特にアメリカの帰宅自体の開拓地と、未開拓地の境界エリア」
という意味があります。

西部劇の舞台となる時代の北アメリカでは、開拓を進める人、原住民の戦いなどが描かれていて、その舞台が「フロンティア」となります。

また戦争を行っているエリアの、国境に当たるエリアなどを「フロンティア」と呼びます。

次に「フロンティア」には、「未開拓の分野や新分野。

学問や技術の最先端」
という意味があります。

「パイオニア」と対応するのは、こちらの意味になるでしょう。

「IT産業のフロンティアを目指す」「フロンティアで最先端技術を学ぶ」などという、使い方をすることができます。

「パイオニア」とは?

「パイオニア」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「パイオニア」は英語表記で「pioneer」となります。

「パイオニア」「他に先駆けて物事を始める人。

先駆者や開拓者」
という意味があります。

例えば、1990年代に、日本から渡米してメジャーリーグに挑戦した野茂英雄投手は、プロ野球選手に先駆けて、メジャーリーグに挑戦したことから「日本人メジャー選手のパイオニア」と呼ばれました。

また、最近では二刀流選手として、メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手が「二刀流のパイオニア」と呼ばれています。

このように、まだ誰もしたことがないことをしたり、新しいジャンルを開拓するような先駆者に対して「パイオニア」という称号が与えられます。

「フロンティア」と「パイオニア」の違い

「フロンティア」「パイオニア」の違いを、分かりやすく解説します。

「フロンティア」は、未開拓の分野や新分野。

学問や技術の最先端」という意味があります。

一方の「パイオニア」には「他に先駆けて物事を始める人。

先駆者や開拓者」
という意味があります。

このように、どちらも最先端で、未開拓のジャンルについて表現する言葉になります。

ただし、「フロンティア」は、「未開拓エリア」「最先端エリア」などを指すのに対して、「パイオニア」「人」を指す言葉になります。

そのため、「フロンティア」に立つのが「パイオニア」で、「パイオニア」がいる場所が「フロンティア」と考えることができそうです。

まとめ

「フロンティア」「パイオニア」の違いについて見てきました。

「フロンティア」が基本的に「場所やエリア」などを指す言葉なのに対して、「パイオニア」「人」を指す言葉とになります。

2つの言葉には、明確な意味の違いがありました。

違いを知ることで使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典