スポンサーリンク

「フロー収入」と「ストック収入」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フロー収入」と「ストック収入」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フロー収入」「ストック収入」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フロー収入」とは?

「フロー収入」とは、「自分の労働力・所有物などを対価にして得られる収入」を意味しています。

「フロー収入」という経済用語は、「働いて得られる収入・サラリーマン(会社員・公務員)の毎月の給与収入」といった意味合いを持っています。

「ストック収入」とは?

「ストック収入」とは、「働かなくても手に入れることのできる収入(対価を差し出さなくても入ってくる収入)」を意味している言葉です。

「ストック収入」という経済用語は、「株の配当金・投資信託の分配金・不動産の家賃収入といった保有資産によって半ば自動的に得られる収入(労働の対価ではない収入)」といった意味を持っています。

「フロー収入」と「ストック収入」の違い!

「フロー収入」「ストック収入」の違いを、分かりやすく解説します。

「フロー収入」「ストック収入」はどちらも「お金が増える収入の種類」を意味していますが、「フロー収入」というのは「自分の労働力・所有物などを対価にして得られる収入、働いて得られる収入」のことです。

「フロー収入」に対して「ストック収入」というのは、「労働するのではなく保有している資産によって半ば自動的に生み出される収入・株の配当金や不動産の家賃などの収入」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「フロー収入」「ストック収入」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「フロー収入」とは「働いたり物を売ったりした対価として得られる収入・主にサラリーマンの毎月の給与収入」を意味していて、「ストック収入」「株の配当金・不動産の家賃収入など保有している資産から生み出される収入」を意味している違いがあります。

「フロー収入」「ストック収入」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典