スポンサーリンク

「ブタ箱」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブタ箱」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブタ箱」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブタ箱」の意味

警察署内にある留置施設の俗語。

「ブタ箱」の解説

「ブタ箱」「ぶたばこ」と読みます。

意味は「警察署内にある留置施設の俗語」です。

警察署には、被疑者や容疑者を留置したり、被疑者を収容する代理監獄としての「留置場」があります。

この留置場のことを俗称で「ブタ箱」と言うのです。

刑務所ではなく留置場のことであり、昔で言えば「牢屋」に当たります。

「ブタ箱」の由来は文字通り養豚場にあるブタを飼育する檻のことで、昔は非常に不衛生で劣悪な環境でした。

留置場も似た様な環境であったことから言われる様になりました。

ただし、現在では留置場も清潔になっています。

「ブタ箱」の使われ方

「ブタ箱」は、日常でも「留置場」の俗語として使われています。

「これ以上悪いことをしたらブタ箱行きになる」「スリやひったくりでブタ箱に入れられた」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典